表でわかる!IELTS 7.0ってどれくらい難しいの?難易度と対策。

IELTS7.0ってどれくらい難しいんだろう・・・。

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • IELTS 7.0の難易度
  • IELTS 7.0に向けての対策

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

IELTS7.0の難易度を表で見てみる

IELTS TOEIC 英検 TOEFL iBT
7.5 970~990 102~109
7.0 870~970 1級 94~101
6.5 820~870 79~93
6.0 740~820 準1級 60~78
5.5 600~740 46~59
5.0 550~600 2級 35~45

この表だと、TOEICで870~970が取れていれば、IELTSにおいて7.0を取得できることになります。

ですが、実際にはそう簡単ではありません。

なぜなら、IELTSはライティングとスピーキングも兼ねているからですね。

ひとつの考え方として、TOEIC 870~970を持っている人は、IELTS専門の対策をすれば、IELTSで7.0が取れるポテンシャルがあると考えてよいでしょう。

逆に言うと、TOEICで870~970を持っていない人は、英文法や語彙力の面でIELTS 7.0を取得するのはかなり厳しい戦いになってくるかと思います。

 

すでに英文法の基礎ができている人は、IELTSでも成長が早いです!

IELTS7.0が必要な人って?

IELTS 7.0が必要な人は主に3パターンに分かれるかと思います。

海外大学院への進学

一番多いのはこのパターンだと思います。

ほとんどの大学院はOA 7.0~7.5を要求してきます。

専門とするコースにもよりますが、OA 6.5でも大丈夫な大学院もあるみたいです。

海外永住権の申請

永住権の申請を計画している人は、ジェネラルを受ける方が多いと思います。

国や個人によって条件は異なりますが、OA 7.0を要求されている方も多くいます。

外務省の外国語能力基準の証明

外務省専門職員として勤務することを希望する方は,受験語学にかかわらず, TOEFL(iBT) 100点以上又はIELTS 7.0以上のスコアを有していることを推奨します。

引用元:外務省

あくまでも『推奨』なので、人によって例外はあるかもしれません。

IELTS 7.0に求められる英単語数は?

これといった数字で表現するのは難しいですが、6000~12000単語と言われています。

某大学受験予備校によると、大学入試に必要な単語数は4000~6000単語と言われています。

そして、中学校で習う単語数が1200語なのに対して、高校で習う単語数は1800単語と言われています。

ということは、IELTS 7.0を狙うためには、大学入試の必要単語数+6000単語ほど学習する必要があるということになります。

大学入試において知名度の高い『英単語ターゲット1900』には1900単語収録されていますので、あの本が6冊分ということにもなります・・・。

IELTSは単語のテストとも言われているぐらい、単語力が大切です。

ここは避けては通れませんので、単語の学習は今すぐ始めましょう。

 

IELTS7.0に必要な単語数は6000~12000単語!

IELTSの単語対策!IELTSに必須な単語力とオススメ教材

IELTSライティングで7.0を取得する難易度と対策

過去に何人かの帰国子女の生徒様(幼少期に海外)がいましたが、全員、ライティングだけで伸び悩んでいました。

リスニング、リーディング、スピーキングは8.0以上を軽々と取れているのに、ライティングだけは6.0~6.5というパターンです。

これから言えることは、ライティングは英語力ではない部分を必要とされているということです。

英語力はバリバリの帰国子女の方々でも悪戦苦闘する方が多いので、ライティングの7.0はかなり難しい部類に入ります。

数値化できるものではないので難易度の定義がしづらいのですが、IELTS専門の対策を全くせずにライティングで7.0をとることはほぼ不可能と考えて良いでしょう。

 

一般的なネイティブでも7.0~7.5ぐらいが平均!

IELTSライティング7.0~7.5対策【ハイスコアに必要な5つのコツ】

IELTSリーディングで7.0を取得する難易度と対策

アカデミックのリーディングで7.0を取るためには、全40問中、30〜32問の正答数が必要です。

パーセンテージでいうと75%の正答数が必要です。

そしてジェネラルは全40問中、34〜35問の正答数が必要です。

リーディングで7.0を取得するのは、OA 7.0を狙うほとんどの人にとって前提条件になってきます。

ぜひこちらの記事で学習してみてください。

 

OA 7.0を取るためには、リーディングで安定して7.0を取ることが大切です!

【2020年】IELTSリーディングの対策。問題タイプごとに解説します。

【IELTS リーディング 7.0を取るために必要な5つのこと】

IELTSリスニングで7.0を取得する難易度と対策

リスニングで7.0を取るためには、全40問中、30〜31問の正答数が必要です。

パーセンテージで表すと、リーディング同様、75%の正答数になります。

また、アカデミックでもジェネラルでもリスニングの内容は同じです。

リスニングはこちらの記事で学習してみてください。

 

リスニングの対策はシャドーイングがオススメ!!

【2020年】IELTSリスニングの対策。問題タイプごとに解説します。

IELTS リスニング【スコアアップに役立つ5つのコツ】

IELTSリスニングでシャドーイングを行うメリットとやり方を解説します

IELTSスピーキングで7.0を取得する難易度と対策

スピーキングの7.0の難易度は動画を見てもらった方が早いです。

スピーキングで7.0を目指すためには、ある程度のテクニックとトピック慣れが必須になってきます。

留学経験などがあれば例外かもしれませんが、今までほとんど英語をしゃべる機会を持ったことのない日本人が、IELTSのスピーキング対策なしで7.0を取ることは、かなりハードルが高いです。

 

スピーキングは何よりもアウトプットの数を増やそう!

IELTSのスピーキングの独学でできること3つ

【2020年】IELTSスピーキングの対策。パートごとに解説します。

まとめ

IELTS 7.0のイメージはできましたか?

IELTSでOA 7.0が取れれば、『英語が得意です!』と胸を張って自慢できるレベルですので、目指している人は頑張ってください!

DEVELOPでは、IELTS学習者を全力で応援しています!

無料のカウンセリングも行っていますので、是非一度、お悩みをご相談ください。

無料IELTSカウンセリングを受けてみる

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!