IELTSのスピーキングの独学でできること3つ

カナダによくいるリス
IELTSのスピーキングって独学でできるのかなぁ・・・。

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

・IELTSのスピーキングを独学で対策する方法

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<
 

IELTSのスピーキングの独学をはじめる前に

IELTS学習者の中には独学で対策しスコアを達成する方もいらっしゃいます。

独学で対策を続けていく中で一番壁となりやすいのがライティングとスピーキング。

本日はスピーキングにフォーカスを置いて独学法について書いていきます。

まず初めに知っておいて欲しいこととして、正直、独学には限界があります。
なぜかというと、どの部分をどのように改善すればいいのかを一番具体的に説明できるのは採点基準をよく把握しているプロしかいないからです。

もう一つの大前提としてスコアアップのためにはどのような基準で自分のスピーキングが採点されるかを知っておかなければならないということです。それがこのband descriptor
リンクをクリックしてもらうとスピーキングの採点基準のページに飛びます。

講師にフィードバックをもらう時も、独学の時も、このband descriptorに沿うことが大切です。

IELTSスピーキングの独学方法・・・① 音声を録音する

音声を聞くのは自分だけです。
恥ずかしがらずに一度騙されたと思ってやってみてください。

スピーキングはしゃべっている間にいつの間にか内容の重複があったとしても、なかなか気づかないもの。慣れないトピックだと特にそうなってしまいがちですよね。

自分で自分の声を録音することによって、自分の内容が客観的に判断でき、修正点が見えてきます。

 

IELTSスピーキングの独学方法・・・② アイデア出し

スピーキングには様々なトピックが主題されますが、それぞれのトピックのアイデアを事前にある程度出しておくことで、本番でアイデアを練る必要がなくなります。

例えば、よくあるトピックの一つとして「音楽」がありますが、Part2で自分の好きな曲について教えてください、との指示文が出てくるとどう答えますか?

事前にこの曲にする!という準備をしておくことによってスコアは大きく変わってくるはずです。

 

IELTSスピーキングの独学方法・・・③ シャドーイングを行う

巷では色々と方法が書かれているシャドーイングですが、正しくやればリスニングとスピーキングの向上に大きく貢献してくれます。

・最初は一文ずつ切りながら(一時停止、再生を繰り返す)やっても構いません。

・最低、一つのパラグラフにつき20回程度は全部シャドーイングを行なってください。

・わからない単語の意味は全部調べてください。

・ボソボソとしゃべって行うのではなく、日本語で喋る時と同じ声量で行える環境で行なってください。

・その単語が使われている一文も一緒にメモをとると効果的です(ディクテーション)。

・最初はテキストを見ながら同じスピードでもかなり難しいと思います。正直読みながらでは効果は半減してしまいますので、できるだけ耳だけを頼りにがんばりましょう。

・最終的には、音声と同じスピードで話せるように練習してください。理想としては、練習するうちに暗記できてきて、音声よりも速く話せるようになることです。

この記事はIELTS対策で読んでくれている方がほとんどだと思いますので、教材はこちらの記事でも紹介している「ゆっくりだから聞き取れる!イギリス英語のリスニング」を使用しましょう。
この教材の音声はブリティッシュのアクセントなので、リスニングにも効果が期待できます。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!