IELTSのスピーキングでアイデアが浮かばない時

そもそも喋るアイデアが何も思い浮かばないので、喋れません・・・

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • IELTSのスピーキングでなんとかしゃべる方法
  • スラスラ話すための意識

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

IELTSスピーキングのアイデアに困ったときは、正直に答える!

「聞かれた質問には絶対に答えないといけない!!」と思っていませんか?

それは間違いです。

まず、スピーキングでとても大切なことは正直になるということです。

つまり、アイデアがない場合には、アイデアが思いつかないと断った上で自分の正直な答えを述べるようにすることが大切です。

例として、IELTSの頻出トピックである「Museum」について考えてみましょう。

When was the last time you visited museum?
あなたが前回美術館を訪れたのはいつですか?

museumというのは美術館、科学博物館、記念館、資料館にもなりえます。

museumなんて普段から行くような場所ではありませんよね。

ここは正直にこう答えましょう。

Um, I don’t usually talk about this topic, so I don’t know the exact answer for this question to be honest, but let’s see…. well, I think the last time I visited museum was 3 years ago in Tokyo. I went to this museum with my family during summer vacation. There were a number of inspiring paintings and services on offer, so we absolutely had so much fun. After that, we went to a nice Italian restaurant which we booked in advance.

太字では、自分の正直な感想を述べています。

後半は、私が今ただ思いつきで書いた嘘の内容です(スピーキングは嘘の内容もOKです)。

太字の部分は、フィラー(いわゆる時間稼ぎフレーズ)と呼ばれており、IELTSのスピーキングで「フィラー」を使う重要性とその一覧で詳しく解説してあります。

スピーキングのアイデアは、稚拙であっても全く問題ない

もっとも重要なのは、試験官はアイデアを採点していないということです。

先ほどの問題だと、自分がmuseumに実際に行ったのは5年前であっても10年前であっても、もしくは行ったことがなかったとしても試験官は気に留めませんし、そもそもその真偽など分かりません。もし嘘だとバレたとしても減点にすらなりません。

IELTSは英語のテストですので、何かを喋らずには何も始まりません。

正直に断った上で、思いつきのアイデアでアプローチをすることは必要なことです。

ロジカルに話す必要はない。話し続けることが正義

IELTSのスピーキングは、話し続けることがまず大前提となります。

IELTSのスコア計算方法とその仕組みの記事でも解説してあるように、スピーキングの6.0以上であれば、話し続けることが前提となります。

スピーキングではロジカルに話す必要は全くありません。

ですが、話し方の「型」は確かに存在しています。

それは、「結論」→「理由」→「具体例」という型になりますが、この型に沿えたからといって、スコアが上がるわけでもありません。

あくまでも、これに沿うということは、「自分が喋りやすくなるだけ」だと思ってください。

また、スピーキングはライティングのように考える時間があまりありませんので、瞬発的なアイデアが問われます。

そのためには、フィラーを知っておくことも非常に大切です。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!