IELTSのスピーキングで「フィラー」を使う重要性とその一覧

IELTSのスピーキングでスラスラしゃべれない・・・

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • フィラーとは
  • フィラー一覧

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

スピーキングの「フィラー」とは?

フィラーとは、英語で”Filler”と表記し、fillする者、つまり、空白の時間を埋めるための表現というのが主な意味です。

IELTSのスピーキングではフィラーが重要な役割を果たします。注意点として、Ahhh…. や Umm… などはフィラーではありません。

以下が正しいフィラーの例です。

What is the role of letters 50 years ago and at the present?

Well, I have not lived for 50 years, but let’s see… as far as I could imagine, people wrote more letters 50 years ago than now, because the means of communication were limited in the past. These days, more people choose to use instant messaging, texting, e-mails, and other social networking services to communicate quickly. I feel that less and less people use letters for casual communications.

フィラーは太字の部分です、フィラーを使うメリットとしては、次の英文を考えつつも喋り続けるということが可能になるということがあります。
次の項目で解説するFluencyですが、フィラーを使うことによって、このFluencyを安定させることができ、減点を避けることが可能になります。
ちなみに、例のフィラーの直後にある”as far as I could ~”は「私が〜できる限りでは」という意味を持つ、便利表現です!

採点基準であるFluencyとフィラーの重要性

IELTSのスピーキングの採点基準の一つにFluencyというものがあります。

簡単にいうと「喋り続けることができるか」が見られている採点基準です。

フィラーを使うことによってFluencyをカバーしながらスピーキングを行うことが可能です。

また、IELTSのBand Descriptors(採点基準)にも記載されている通りですが、IELTSのスピーキングはライティングのようにトピックから少しでもズレたらアウトというわけではありません。

スピーキングは喋る力そのものをテストされているだけなので、ハイレベルなライティングに求められるような矛盾が全くない話の展開のようなものは特に必要ありません。

初心者の方は、とにかく喋り続けることが正義だと思ってください。

詳しいスピーキングの採点基準はこちらの記事で日本語訳付きで解説してありますので、Fluencyの箇所も含めて一度目を通してみてください。

話すアイデアの内容は立派なものである必要はなく、そしてロジックに基づいた会話の展開が絶対的に求められているわけではない、ということがお分かりいただけると思います。

フィラー一覧

それでは、是非覚えておいて欲しいフィラーをいくつか紹介しますね。

英語やアイデアを考えたい時

  • Let me see…
  • That’s an interesting question,
  • Well, where should I start?
  • I’m not quite sure what to say here, but…
  • I’ve never thought about it before, but…
  • Oh/Wow, that’s a tough question to answer, but…

自分が言った内容が支離滅裂な時、または言い直したい時

  • Let me try and rephrase that…
  • What I’m trying to say is…
  • So the main point is…

単語や表現を思い出せない時

  • Sorry, I’ve forgot the word in English, but…
  • I’m not sure if this is the right way to put it, but…
  • Sorry, it’s on the tip of my tongue…

さらにアイデアを付け加えたい時

  • I almost forgot to say that…
  • And I should also add that…
  • But there’s something else to consider…

フィラーは複数知っておく

結論、フィラーは複数知っておいてください。

理由としては、自分の発する言葉は全て(フィラー含め)採点される対象であるからです。

テスト中、複数の質問の中で、毎回同じフィラーを使ってしまうと

「あっ、この人はこのフィラーをただ暗記してしゃべっているだけなんだな。」

と思われてしまいます。

逆にいうと、幅広いフィラーを使える受験者に対しては、

「あっ、この人は幅広いフィラーを使えることができるんだな。表現力がある人だな。」

と思われ、プラス要素が加わります。

もちろん、フィラーだけが表現の幅広さに影響しているわけではありません。

ただ、このような点を考慮するとやはり複数覚えておいた方がプラスの要素は多くなるのは確かです。

本来、IELTSのスピーキングは暗記ではなく、瞬発的に話すことのできる力を試されているものであり、暗記したものを話していることがバレてしまうと、その部分に関しては採点対象として扱ってもらえません。

ですので、フィラーは自然に使うことも大切です。

IELTSスピーキングでは、複数のフィラーを自然に使うことがキーとなります。

あわせて読みたい

ライティングTask2の5つのエッセータイプを解説します! IELTSのライティングTask2は、アカデミックとジェネラル関係なく、5つのタイプに分類されます。 それぞれのタイプで書き方が異なるので、事前に書き方を知[…]

まとめ

IELTSのスピーキングで「フィラー」を使う重要性とその一覧についてまとめました。

当校では、日本人バイリンガル講師があなたに寄り添ってレッスンを行います。

  • 担任制(講師は毎回固定)
  • レッスンは日本語でのやり取り
  • 1:1のプライベートレッスン
  • Skypeを使ったオンラインレッスン(自宅や職場からでもOK) 

是非一度、無料カウンセリングにてIELTSのお悩みをお聞かせください(無理な勧誘はいたしません)。

無料カウンセリングを受けてみる

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!