【3分でわかる】IELTS アカデミックとジェネラル違い

アカデミックジェネラル違い
IELTSアカデミックとジェネラルの違いはなんなの?

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • そもそもIELTSとは?
  • IELTSアカデミック、ジェネラル違い
  • どちらのほうがいいか?

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

IELTSとは

あいこ
そもそもIELTSがなんだかよくわからない、、

というかたはまずこちらの記事をどうぞ。

関連記事

カナダによくいるリス 「英語で仕事がしたい!!」 「海外に移民したい!!」 「キャリアのために英語を頑張りたい!!」   こんな人たちの前に、高確率で立ちはだかる謎のテストIELTS。 この記事[…]

アカデミックとジェネラルの違い

IELTSに詳しいりす
IELTSアカデミックと、ジェネラルでは、リーディングと、ライティングの内容が違う

リーディングの違い

リーディングの違いは下の表のように問題の構成が異なります。

IELTSに詳しいりす
リーディングは、問題の内容が違うよ

アカデミック

Passage(大問のこと) 内容 問題数
Passage 1 Academicな内容 13問
Passage 2 Academicな内容 14問
Passage 3 Academicな内容 13問

ジェネラル

Passage(大問)のこと 内容 問題数
Passage 1 日常生活に関して 14問
Passage 2 Businessに関して 13問
Passage 3 Academicな内容 13問

アカデミックもジェネラルも問題数は40問ですが、アカデミックではPassage1~3まで全てアカデミックな内容

ジェネラルでは、Passage1が日常生活に関して、Passage2がビジネスに関して、Passage3がアカデミックな内容になっています。

IELTSに詳しいりす
全体の文量はほぼ変わりませんが、ジェネラルのほうが内容が簡単なので、正解しやすいよ

問題のサンプル

アカデミック

参考:Britishcouncil

General

generalリーディング

参考:Britishcouncil

IELTSに詳しいりす
アカデミックとジェネラルで必要正答数が異なるよ

 

アカデミック

BandScore 9 8.5 8.0 7.5 7.0 6.5 6.0 5.5 5.0 4.5 4.0 3.5 3.0 2.5
Score /40 39-40 37-38 35-36 33-34 30-32 27-29 23-26 19-22 15-18 13-14 10-12 8-9 7-7 4-5

ジェネラル

BandScore 9 8.5 8.0 7.5 7.0 6.5 6.0 5.5 5.0 4.5 4.0 3.5 3.0 2.5
Score /40 40 39 37-38 36 34-35 32-33 30-31 27-29 23-26 19-22 15-18 12-14 9-11 6-8

 

ジェネラルの方が簡単な分、高スコアを取るにはより多くの正解数が必要となります。

例えば、アカデミックで6.0以上のスコアが必要な場合、必要な正解数は23問以上ですが、ジェネラルでは、30問以上の正解数が必要となります。

IELTSに詳しいりす
Generalの方が多く正解数が必要ってことだよ

ライティングの違い

次にライティングの違いですが、ライティングでは、タスク1に違いがあります。

アカデミックのタスク1では、グラフや表をまとめる問題が出題されるのに対して、ジェネラルでは手紙をかく問題が出題されます。

アカデミックタスク1 例題

Academicタスク1

参照:Britishcouncil

ジェネラルタスク1例題

generalライティング

参照:Britishcouncil

どちらも対策はタスク2ほど難しくないので、ここで難易度にそんなに差は出ないと言えるでしょう。

目的の違い

アカデミックとジェネラルのもう一つの違いは申請先です。もし、海外の大学や大学院(主に、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)へ進学したいと考えている場合は、アカデミック

海外(カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に移民したいと考えている場合はジェネラルを受験することになります。

アカデミック 海外大学、大学院、専門学校への申請
ジェネラル 移民申請

ただし、移民申請の場合には、アカデミックのスコアを使えるところもあるようなので申請先の国によって調べておくといいでしょう。
ちなみにカナダのExpress Entryでは、アカデミックは受け付けていないようです。(2020年3月6日時点)

 

 

 

アカデミック、ジェネラル両方で申請できる場合はどちらのがいいか?
リーディングで高いスコア(7.0以上)が必要な場合は、アカデミックの方が取りやすい可能性が高いです。これは先ほどの正解数とスコアの違いのところで説明したように、ジェネラルの方がより高い正答率が必要となるからです。

まとめ

『【3分でわかる】IELTS アカデミックとジェネラル違い』に関してまとめました!

  • アカデミックリーディングは、すべてアカデミックな内容
  • ジェネラルリーディングは、日常生活の内容も含む
  • ライティングがグラフ(アカデミック)か手紙(ジェネラル)か

当校では、日本人バイリンガル講師があなたの担任となってレッスンを行います。

  • 1:1のプライベートレッスン
  • 担任制(講師は毎回固定)
  • レッスンは日本語でのやり取り
  • Skypeを使ったオンラインレッスン(自宅や職場からでもOK) 

是非一度、無料カウンセリングにてIELTSのお悩みをお聞かせください(無理な勧誘はいたしません)。

無料カウンセリングを受けてみる

そのほかのIELTSの記事も是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料教材
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
実際のレッスンで使用している教材を見てみよう!
教材サンプル
この教材では、実際のレッスンでも使っている『ライティングの5つのタイプのストラクチャー』『スピーキング過去問の模範解答』を、およそ100ページでまとめています。

教材の内容

  • ライティングのストラクチャー(解答サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストと模範回答(日本語訳付き)
  • 約100ページにわたって丁寧に解説
  • 全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)
友だち追加
あいりす
LINEの友達追加でダウンロードできるよ!
アカデミックジェネラル違い
最新情報をチェックしよう!