IELTSとは?【概要と対策を全て解説】

カナダによくいるリス
「英語で仕事がしたい!!」
「海外に移民したい!!」
「キャリアのために英語を頑張りたい!!」

 

こんな人たちの前に、高確率で立ちはだかる謎のテストIELTS。

この記事では、IELTSってなんなの?難しいの?

というところからテストの構成、流れ、内容、そして対策までIELTS専門講師が解説していきます!

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

目次

IELTSとは?

IELTSはどんな人が受けるべきテスト?

IELTSはブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営で保有する試験で、「International English Language Testing System」の頭文字をとったものです。

IELTSは資格でもありますが、海外留学や研修のために英語力を証明する目的で受験される場合がほとんどです。

それに加え、イギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請をする際にも必要となるテストです。

イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでもTOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力を証明する一つの方法として、世界中で受験者が増え続けています。

履歴書にも書ける!

その知名度は少しずつ世界中に広がりつつあります。
また、先ほども言ったようにIELTSは資格でもあるので、学校へ進学することや移民が目的でなかったとしても、英語の自己アピールとして書けるからという理由で、来たるべき将来のためにスコアを取得しておくというのもアリでしょう。

日本では、まだTOEICやTOEFLの方が知名度では優っているようですが、海外では逆にTOEICの知名度はほぼゼロに近く、IELTSのスコアを要求されるケースが非常に多いです。
※ちなみに英語力を証明するという目的でスコアをとった場合(カレッジや大学院など)、2年間しかそのスコアは有効ではありません。

ですので、将来的に海外赴任や就職を目指されている方は、いつか勉強しなければならない時がくるかもしれません。

開催頻度と受験料金

テストが開催される場所は日本全国13都市で開催されており、年間の試験実施予定日は36日以上あります。
月に約3回ほど開催される計算ですね。

また、受験料は日本円で「25,380円(税込)」となっています。

英検やTOEICのように一般的に安価なテストではないと思いますので、しっかりと下準備をしてから臨むべきでしょう。

最後に、決して簡単なテストではございませんので、対策はお早めに!!

IELTSのテスト概要

IELTSには2種類ある!

さて、具体的なテスト概要の解説に移りましょう。
まず第一に知っておかなければならないのは、IELTSのテストは種類が2つあるということです。

  • アカデミック・モジュール(Academic Module)
  • ジェネラル・トレーニング・モジュール(General Training Module)

の2つに分けられています。

前者のアカデミックは海外のカレッジや大学院などの進学に必要なタイプのテストである一方、後者のジェネラルは移民をする際に受けるテストのタイプです。

学校に進学する場合の方がもちろん高いレベルの英語力が必要となりますので、必然的に、アカデミックの方が問題内容が難しく、ジェネラルは簡単な作りとなっています。

アカデミックは大学レベルの学問的な問題が全体的に出題され、ジェネラルは海外で生活していくのに必要な英語力が試されるといった特徴があります。

進学 = アカデミック・モジュール
移民 = ジェネラル・モジュール

と覚えておきましょう。

テストの流れと所要時間

そして、こちらがテスト全体の概要です。

ライティング 60分 (タスク1と2)
リーディング 60分 (アカデミックはパッセージ1〜3、ジェネラルはセクション1〜3)
リスニング 40分 (パート1〜4)
スピーキング 14分 (パート1〜3)

 

このようにリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つに分けられて採点されるシステムになっており、4つのテストの合計所要時間は約2時間45分となっています。

本番のテスト会場で受ける順番も、この表の上から順に実施されます。
大半の会場では、一日でこの全てを終わらせるので、長丁場となります。
たまに会場によっては、二日目に時間を指定されて、スピーキングだけ分けて行われるところもあります。

2019年より、IELTSのPC受験が始まりました。

関連記事

IELTSはコンピューターとペーパーどっちがオススメですか!?   こんな疑問に答えます。   この記事の内容 コンピューター受験のメリットとデメリット コンピュー[…]

アカデミックとジェネラルでの問題の違い

アカデミックとジェネラルでは、主にリーディングの問題とライティングの問題が異なります。リスニングとスピーキングの問題は同じになります。詳しくはこちらの記事にまとめてありますので違いがよくわかならい方は読んでみてください。

 

IELTS対策① まずは自分の目標スコアを知ろう

一番最初にするのは自分の必要スコアを知ることです。
IELTSの対策では、まずは自分の最終目標を決めて、そこまでかかる時間をだいたい計算して、プランを立てることが最も大事です。
このページを読み続けると、目標スコアに対する正答数を含めた早見表も準備していますので、安心して読み進めてください。

IELTSのスコアは「2.5」が最低スコアで「9.0」が最高スコア(満点)です。
それぞれの技能につき、「0.5」刻みでこの数字がでます。
この「0.5」刻みに出される点数のことを「バンドスコア」と言います。

ここで知っておかなければならないのが「オーバーオール(Overall)」というシステムです。

先ほど、IELTSは2.5から9.0で採点されると言いましたよね。
オーバーオールというのは4技能それぞれに出たスコアの全体の平均値のことです。
また、オーバーオールはスコアが大きい方に振れます。

リスニングとリーディングが「5.5」で、ライティングとスピーキングが「6.0」という結果の場合は、オーバーオールは「6.0」になります。
この場合、全体の平均は「5.75」になりますが、IELTSは「0.5」刻みでしかスコアが出ません。
これが「大きい方に振れる」という意味です。
「切り上げられる」という言い方の方が分かりやすいでしょうか。

少し分かりにくいと思うので、下に例を挙げてみました。

Overall(全体の平均値): 6.0になる場合

リスニング 6.0
リーディング 5.5
ライティング 5.5
スピーキング 6.0
オーバーオール(全体の平均値) 6.0

Overall(全体の平均値): 7.5になる場合

リスニング 7.5
リーディング 8.0
ライティング 7.5
スピーキング 7.5
オーバーオール(全体の平均値) 7.5

 

あなたはカレッジや大学に進学したいですか?

それとも海外に移民したいですか?

カナダ国内の一般的な例を挙げますと、カレッジに進学する際に要求される最低スコアはアカデミックの6.0です。
大学院は、学校によりますが、7.0〜7.5のところが大半です。

例えば、学校によっては、「オーバーオールの要求スコアは6.0だが、全ての技能でそれぞれ最低6.0を取得していなければならない」というところもたくさんあります。
というか、教育機関はこのパターンが多いです。

移民希望の方は、まずは弁護士に話をすることです。
それぞれの国によって移民制度は違うと
思いますが、自分のキャリアや婚姻関係や年齢によって、人それぞれ必要なスコアが違ってくるはずです。

IELTS対策の第一歩は、自分の正確な目標スコアを知ること。

詳しい要求スコアは各機関にお問い合わせください。

次の項目では、アカデミックとジェネラルに分け、一つ一つの技能ごとの出題内容を順番に詳しく見ていきます。

IELTS対策② リスニングのテスト内容を把握しよう

先ほど言ったように、リスニングに関してはアカデミックもジェネラルも出題内容は同じです。
選択問題と抜き出し問題の両方あります。

  • 全部で40問、30分間のテスト
  • セクション1〜4まであり、それぞれ10問ずつ
  • 答えは答案用紙に書き込んでいく
  • 最後に10分間の「解答を答案用紙に書き写す時間」が与えられる

最後の部分ですが、10分間の書き写し時間が与えられているので、問題を解いている時間は、あとで自分が見たら分かるレベルで、自分の答えを含んだ最低限の下書きを「問題用紙」にするだけで構いません。
ですので、実質40分間のテストですね。

注意事項としては、スペルミスと語数制限に気をつけることです。

セクション1 – 10問

ここはダイアログが読まれます。
ダイアログというのは、2人の対話ということです。
何かのイベントの問い合わせや、申し込みに関してのトピックが多い傾向があります。

セクション2 – 10問

ここではモノローグが読まれます。
モノローグというのは、独り占めの長話や独演のことです。
何かの地図を見ながら案内をしている状況であったり、ガイドツアーの音声が読み上げられる傾向があります。

セクション3 – 10問

ここではカンバーセーションが繰り広げられます。
カンバーセーションは会話という意味ですよね。
カレッジにいる生徒たちが話し合っている問題が読み上げられます。

セクション4 – 10問

最後の難関、モノローグです。
ここでは大学の講義をテーマにスクリプトが読み上げられます。
教授が学術論文の提出日や内容についてつらつらと話している内容などが例です。

 

ここまでが合計30分。
これに加えて10分の解答時間が与えられます。

これを見ると、問題がセクションを進めるにつれて難しくなっているのが分かると思います。
また、IELTSはイギリスで作られているテストですので、比較的、発音のアクセントはブリティッシュ寄りになります。

対策に関して

IELTSリスニングの具体的な対策に関しては、こちらの2つの記事を参考にしてみてください。

関連記事

IELTSのリスニングを解いてみたけど、ヒドイ結果。 みんなどうやって勉強してるの!? リスニングの具体的な聞き方・解き方が知りたい!!   こんな悩みに答えます。 この記事の内容 […]

IELTS対策その③ リーディングのテスト内容(アカデミック)を把握しよう

  • 全部で40問、60分間のテスト
  • パッセージ1〜3まであり、700〜1000語程度の長文(約2ページ分)が3つ出題され、それぞれの長文で12〜13問ほど出題される
  • 基本的に各セクションに20分の時間配分が王道だが、必要スコアによっては適宜変える必要がある
  • リスニングと違って、解答用紙に書き込む時間は与えられないので、解きながら直接答えを書き込んでいく
  • スペルミスに注意(抜き出し問題は特にケアレスミス起こしがち)
  • 抜き出し問題は語数制限があるので注意
    「NO MORE THAN TWO WORDS」という語数制限・・・最大2単語まで
    「ONE WORD AND/OR A NUMBER」という語数制限・・・「1単語+数字1つ」または「1単語のみ」あるいは「数字1つのみ」という合計3つの選択肢

パッセージの内容

  • 歴史、科学、伝記、自然、技術、地理
  • ニュース、時事問題はない
  • 政治、宗教、経済は出ない傾向
  • 専門用語の知識は必要ない
  • 造語なども出てくる

上記のものがパッセージに出る内容のまとめです。

 

IELTS対策その④ リーディングのテスト内容(ジェネラル)を把握しよう

  • 全部で40問、60分間のテスト
  • 基本的に各セクションに20分の時間配分が王道だが、必要スコアによっては適宜変える必要がある
  • リスニングと違って、解答用紙に書き込む時間は与えられないので、解きながら直接答えを書き込んでいく
  • セクション1〜3に分かれている
  • セクション1と2は日常生活、ビジネス、大学生活にまつわる300〜500字程度のパッセージが各セクションに2つずつ出題され、それぞれ約5〜7問ほど。一つのセクションにつき約12〜13問ある。
  • セクション3は約2ページ分のパッセージが一つだけ書かれており、12〜13問ほど出る
  • スペルミスに注意(抜き出し問題は特にケアレスミス起こしがち)
  • 抜き出し問題は語数制限があるので注意
    「NO MORE THAN TWO WORDS」という語数制限・・・最大2単語まで
    「ONE WORD AND/OR A NUMBER」という語数制限・・・「1単語+数字1つ」または「1単語のみ」あるいは「数字1つのみ」という合計3つの選択肢

セクション3のパッセージの内容

  • 歴史、科学、伝記、自然、技術、地理
  • ニュース、時事問題はない
  • 政治、宗教、経済は出ない傾向
  • 専門用語の知識は必要ない
  • 造語なども出てくる

上記のものがパッセージ3に出る内容のまとめです。

対策に関して

リーディング対策に関してはこちらを2つの記事を参考にしてください。

関連記事

IELTSのリーディングの具体的な解き方と対策が知りたいなぁ・・・   こんな悩みに答えます。 この記事の内容 リーディングの問題パターンごとの解き方 当校について 2009[…]

IELTS対策その⑤ ライティングのテスト内容(アカデミック)を把握しよう

苦手な人が多いアカデミックのライティングの内容解説です。
Task1と2に分けられています。

  • 解答用紙に手書き
  • 時間は1時間で、Task1に20分、Task2に40分の配分が推奨されている
  • スペルミスが採点基準に含まれている

分かりやすく図解してみました。

タスク 内容 指定語数 配分時間 配点の割合
1 図表の内容を説明する 150語以上 基本20分 3分の1
2 トピックに関する自分の意見を述べる 250語以上 基本40分 3分の2

評価基準

ここが一番気になるところでしょう。
ライティングの評価基準は4つあります。

  •  Task Achievement = タスクの達成度。与えられた設問に的確に、話題が脱線せずに答えているか
  • Coherence and Cohesion = 一貫性と統一性。内容に論理性があり、理解しやすいか
  • Lexical Resource = 語彙力の豊富さ。語彙力が多く、適切に使えているか
  • Grammatical Range and Accuracy = 文法力。文法を幅広く、正確に使えているか

以上が、アカデミックのライティングのテスト内容になります。

IELTS対策その⑥ ライティングのテスト内容(ジェネラル)を把握しよう

こちらも、苦手な人が多いジェネラルのライティングの内容解説です。
Task1と2に分けられています。

  • 解答用紙に手書き
  • 時間は1時間で、Task1に20分、Task2に40分の配分が推奨されている
  • スペルミスが採点基準に含まれている

こっちも内容を分かりやすく図解してみました。

タスク 内容 指定語数 配分時間 配点の割合
1 図表の内容を説明する 150語以上 基本20分 3分の1
2 トピックに関する自分の意見を述べる 250語以上 基本40分 3分の2

評価基準

アカデミックの方でも載せましたが、見ていない方のために載せておきますね。
ライティングの評価基準は4つあります。

  •  Task Achievement = タスクの達成度。与えられた設問に的確に、話題が脱線せずに答えているか
  • Coherence and Cohesion = 一貫性と統一性。内容に論理性があり、理解しやすいか
  • Lexical Resource = 語彙力の豊富さ。語彙力が多く、適切に使えているか
  • Grammatical Range and Accuracy = 文法力。文法を幅広く、正確に使えているか

以上が、ジェネラルのライティングのテスト内容になります。

IELTS対策その⑦ スピーキングのテスト内容を把握しよう

お待ちかね、スピーキングのテスト内容の解説です。
これもリスニングと同じで、アカデミックでもジェネラルでもテスト内容は変わりません。

スピーキングの対策は【2020年】IELTSスピーキングの対策。パートごとに解説します。からご覧ください。

  • 試験官と1対1の面接形式
  • 3つのパートに分けられていて、約14分のテスト時間
  • 時間配分は試験官が勝手に行う
  • 自分のパスポート以外は部屋に持ち込めない
  • テストは録音される

以下が全体の流れです。

パート 形式 内容 問題数 配分時間
1 質疑応答 個人的な質問(学校や仕事) 約6〜10問 試験官がコントロール
2 プレゼン 与えられた議題の説明 1  試験官がコントロール
3 質疑応答 一般的な事象によって議論。理由や根拠が求められる。 約6〜10問  試験官がコントロール
合計14分(最大)

※試験の合計時間は14分になるように、問題の進行具合によって試験官がコントロールします。

パート1

「May I come in?(入っても宜しいですか?)」とドアをノックすると良いでしょう。
まず部屋に入ったら席に座るように促されるので、その後、自己紹介をします。
パスポートを渡して本人確認が終わったら、音声を録音してもいいかの確認を取られます。
当然ですが「Yes」と言いましょう。
ここからテストの採点が始まります。
そして、自分の仕事や学校に関しての軽い質問があります。

これらが終わったら一つのトピックについて2〜3問程度の質問があります。
その後、またさらにテーマを変えて2〜3問程度の質問があります。

パート2

トピックが書いてある紙が渡されます。
それに加えて鉛筆とメモ用紙も渡されます。

トピック用紙にはお題と、そのお題に沿った質問が3〜4問が箇条書きで書かれています。
一分間、時間を測られるので、その間にその問題に対する自分の考えや思いをとりあえず書きまくりましょう。
メモは何を書いてもよく、日本語でも良いので、自分が分かりやすいようにまとめましょう。

一分経ったら、試験官から合図をもらい、おおよそ1〜2分間そのトピックに関して喋り続けるというのがパート2です。
1分〜2分というのは、1分過ぎてから自分が喋るのをやめてしまうと、試験官は「終わり」と判断して次に進もうとします。
もちろん、時間いっぱいの2分を使った方が有利なので、なるべくたくさん喋るということが大事です。

ずっと喋り続けていると試験官から「もういいよ」という合図がありますので、そこで終了です。
試験官から止められたからといって、パート2が減点になるということはありません。
もちろん、与えられた全ての問題に答えたということが前提となります。

自分の2分間のスピーチが終わったら、試験官からそれに関連して1〜2問ほど質問が投げかけられます。

パート3

パート2で喋ったテーマに関して、6〜8問ほど掘り下げた質問をされます。
受験者が持っている個人的な意見をたずねる質問ではなく、一般的な意見が求められる問題が出ます。

自分の返答に対して、試験官は突っ込んできます。
「Why?」「Why not?」「Why do you agree with that idea?」
などが挙げられます。

評価基準

スピーキングの評価基準は4つあります。

  • Fluency and Coherence = 流暢さと首尾一貫性。沈黙、言い直し、繰り返しが最小限であり、質問の意図を汲み取って分かりやすく説明できる
  • Lexical Resource = 語彙力の豊富さ。語彙力が多く、適切に使えているか
  • Grammatical Range and Accuracy = 文法力。文法を幅広く、正確に使えているか
  • Pronunciation = 発音。聞き取りやすいクリアな発音ができているか

IELTSの目標スコア早見表

IELTSにはバンドスコアというものがあります。
それぞれの技能に対するスコアのことです。
ですので、4つの技能全てのバンドスコアを足して平均するとオーバーオールが出ます。

リスニングのバンドスコア早見表

正答数 バンドスコア
39-40 37-38
35-36 32-34
30-31 26-29
23-25 18-22
16-17 13-15
10-12 8-10
6-7 4-5
9.0 8.5
8.0 7.5
7.0 6.5
6.0 5.5
5.0 4.5
4.0 3.5
3.0 2.5

リーディング(アカデミック)のバンドスコア早見表

正答数 バンドスコア
40 9
39 8.5
37-38 8.0
36 7.5
34-35 7.0
32-33 6.5
30-31 6.0
27-29 5.5
23-26 5.0
19-22 4.5
15-18 4.0
12-14 3.5
9-11 3.0
6-8 2.5

リーディング(ジェネラル)のバンドスコア早見表

正答数 バンドスコア
40 9
39 8.5
37-38 8.0
36 7.5
34-35 7.0
32-33 6.5
30-31 6.0
27-29 5.5
23-26 5.0
19-22 4.5
15-18 4.0
12-14 3.5
9-11 3.0
6-8 2.5

ライティングとスピーキング

この2つに関しては、先ほどこのページで紹介したそれぞれの「評価基準」によって決められます。

構成と流れはわかったけど、じゃあ何から始めたらいいの?

まずは、自分が何のためにIELTSを受験するのか知ることが先決です。

IELTSを使って何がしたいかという目的が決まったら、次は目標スコアを計算しましょう。
IELTSを一度受けてみて、現在の実力を知るのも一つの手です。
今自分がどれぐらいの実力があるのかが分かると、目標が立てやすくなります。
目標を立てたら、後は勉強するのみです。
勉強方法としては、いろんな単語を覚えたりするのも大事ですが、「解き方」というものが存在します。

IELTSは決して簡単なテストではありませんが、早めに、効率よく、対策をすることによって、実力は確実に伸びます。

IELTSは進学や移民に利用されることの多いテストで、資格として履歴書に書く目的でも受験価値は多いにあります。
日本ではTOEICの方が認知度がまだ高いですが、今後は4技能全ての力を試すことのできるIELTSが伸びることは間違いないでしょう。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!