目指せハイスコア!IELTSライティングTask2対策。【5つのエッセータイプ】

ライティングTask2の5つのエッセータイプを解説します!

IELTSのライティングTask2は、アカデミックとジェネラル関係なく、5つのタイプに分類されます。

それぞれのタイプで書き方が異なるので、事前に書き方を知っておくことが大切です。

Discussionエッセー

Discuss both these views.
Discuss both these views and give your own opinion.

このような文章で質問されている問題のタイプです。

上二つの質問では、ボディ1とボディ2で利点と不利な点だけを述べて、自分の意見を含めてはいけません

下の問題は、利点と不利な点に加えて受験者の意見が問われています。自分の意見を述べる部分は主にイントロと、結論です(ボディにも少し書く必要がありますが、ここでは割愛)。

関連記事

IELTSのDiscussionエッセーの書き方がわかりません・・・。   こんな疑問に答えます。 この記事の内容 Discussionエッセーの具体的な書き方 ・エッセーのサンプ[…]

Opinionエッセー

What is your opinion?
Is this a positive or negative development?
Do you agree or disagree?
To what extent do you agree or disagree with this statement?

このような質問をされるエッセーのタイプはOpinionエッセーに分類されます。

問題に対して賛成(positive)するときは、ボディ1とボディ2に賛成した理由をそれぞれ一つずつ書いていきます。

逆に、問題に対して反対(negative)するときは、ボディ1とボディ2に反対の理由をそれぞれ一つずつ展開していきます。

賛成か反対か、どちらかに100%絞った方がエッセーのアプローチとしては書きやすくなります。しかし、アイデアが出ない場合や、どちらとも言いにくい場合は、例外としての反対意見をボディ2に書くことも可能です。

詳しい説明は、Opinionエッセーの解説ページで行います。

関連記事

ライティングTask2のOpinionエッセーの書き方がよくわからない・・・。   こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・Opinionエッセーの具体的な書き方 ・時間配分 […]

Cause&Solutionエッセー

Why is this the case? What can be done about this problem?
What do you think are the causes of these problems and what measures could be taken to solve this problem?

このような問題が出題されれば、Cause / Solutionエッセーに分類されます。

エッセーの中では、ボディ1に原因、ボディ2にはその解決法を提示します。たまに、解決法だけが聞かれている場合もあるので注意です。

関連記事

IELTSのCause&Solutionエッセーの書き方がわかりません・・・。   こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・Cause&Solutionエッセーの具体的な書[…]

Direct Questionエッセー

What factors contribute to job satisfaction? How realistic is the expectation of job satisfaction for all workers?

このように、二つの質問が聞かれていれば、Direct Questionエッセーと判断します。

ボディ1には一つ目の質問に対しての答えを、ボディ2には二つ目の質問に対しての答えを展開します。それぞれのボディのトピックセンテンス(一つ目の文章)では、それぞれの問題に対する単刀直入な答えを提示することが大切です。

関連記事

IELTSのDirect Questionsエッセーの書き方がわかりません・・・。   こんな疑問に答えます。 この記事の内容 Direct Questionsエッセーの具体的な書き方 […]

Advantage Disadvantageエッセー

What are the advantages and disadvantages?
Do you think the advantages outweigh the disadvantages?
こういった問題はAdvantage Disadvantageエッセーに分類されます。
一つ目の問題に関しては、advantageとdisadvantageをボディ1とボディ2でそれぞれ述べるだけで、自分の意見は含めません
二つ目の問題のパターンではよくoutweigh(重要である)という単語が使われます。
書き方としては、ボディ1でメリットがデメリットよりも勝ると思う理由を、そしてボディ2ではデメリットがメリットよりも勝るという事実を認めながら書くことが大切です。あくまでも自分の立場はどちらか一方に絞る必要があるため、書き方の加減が非常に大切になってきます。
関連記事

ライティングのAdvantage Disadvantageエッセーの書き方がわかりません・・・。   こんな疑問に答えます。 この記事の内容 Advantage Disadvantage[…]

まとめ

IELTSライティングのTask2ではエッセーのタイプを分類することから始まります。構成と内容がしっかりしたものでないと、どれだけ素晴らしい英語力があったとしてもスコアを達成することは難しくなります。特にライティングで6.5以上を目指す方は、構成+文章展開能力が求められます。

IELTSを独学で学習するのも良いですが、最終的には学校に通ったほうが効率的だった・・・と後で気づく方は多いです。

当校では、日本人バイリンガル講師があなたの担任となってレッスンを行います。

  • 担任制(講師は毎回固定)
  • レッスンは日本語でのやり取り
  • 1:1のプライベートレッスン
  • Skypeを使ったオンラインレッスン(自宅や職場からでもOK) 

是非一度、無料カウンセリングにてIELTSのお悩みをお聞かせください(無理な勧誘はいたしません)。

無料カウンセリングを受けてみる

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!