IELTS ライティング 【添削例を公開】6.0→7.0にするためには?

IELTSライティング7.0を取るには・・・。

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTSライティングの添削例を公開
  • 6.0→7.0にスコアアップするためには?

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

IELTSライティングとは?

この記事を読む前にまず、IELTSライティングの概要や、評価基準など、よくわかっていないというかたは、

添削問題

今回はこちらの問題を例に進めていきます。

Cambridge公式問題集10 より

回答例

こちらが添削前の回答になります。(当校のスタッフ(TOIEC800点程の英語力)が書いたものです(講師ではありません))

Recently, the majority of parents buy their children numerous toys to play with. There are some arguments whether it is beneficial for children or not.

It is reasonable that parents consider making their children play with toys worthy.Firstly, If children spend the vast amounts of time playing with toys, it would lead to the drastic reduction of the time when for parents to take care of their children.My parents did not have ample time to take care of me, however, they did not need to pay attention to me because I completely focused on engaging in playing with toys. Furthermore, the part of most children might acquire the ability to think logically through/by playing with toys. According to a survey, children who have experienced playing with a board game can manage some issues three times as quickly as their counterparts.

There are some drawbacks that parents ought to recognize before letting their children play with toys. Needless to say, some toys have a danger that would cause the fatal situations for children. For instance, my nephew who was two years old at that time was in danger when he swallowed a piece of toy accidentally. Thus, toys are occasionally might be risky existence for infants. Moreover, providing children with the latest toys tightens family finances. An economist claims that the budget for toys is more than 10 percent in total expenses.

In conclusion, there are convincing arguments about whether children play with toys. I believe that as a result of my traumatic experience seeing my nephew suffering from his accident, parents should be careful regarding what kinds of toys they buy for their children.

一見よくかけていますが、トータルのスコアはおそらく5.5~6.0になるでしょう。
採点の細かい内訳はこのようになります。(あくまで参考にしてください)

 

Task Response(質問への回答)・・・5.0~5.5
Coherence and Cohesion(内容の一貫性)・・・5.0~5.5
Lexical Resource(語彙力)・・・5.5~6.0
Grammatical Range and Accuracy(文法の知識、正確さ)・・・6.0

Total・・・5.5~6.0

このように、一見して文法のミスが少なく、単語力も悪くない文章ですが、Task Responseや、Cohesionの部分でやや点数が低くなっています。ではなぜこのようになるのか、そしてどのように書き換えるといいのかを段落ごとに解説していきます。(細かい部分の修正は省略します)

イントロ

ではイントロから見ていきましょう。

修正前
Recently, the majority of parents buy their children numerous toys to play with. There are some arguments whether it is beneficial for children or not.

イントロの構成は、基本的に2文。

1.問題文のパラフレーズ
2.自分の意見

回答でもこのような構成となっています。ですが、添削ではこのように書き換えます。

修正後
Recently, the majority of parents buy their children numerous toys to play with. Playing with toys can help children to be logical, while there are some drawbacks that should be considered.

変わった部分は、2文目です。元々の回答では、There are some arguments whether it is beneficial for children or not.このように書かれていました。arguments があると書かれていますが、今回は単に、advantageとdisadvantageはなんですか?と聞かれている問題です。beneficialかどうかargumentがあるという書き方では、どちらがいいのか問われている、discussionタイプと混同してしまいます。

したがって、このように、Playing with toys can help children to be logical, while there are some drawbacks that should be considered.単に、advantageとdisadvantageがあります。という書き方に変えています。また、前半のadvantageは具体的にかき、後半のdisadvantageは具体的に記述していませんが、これは結論の際は逆にしてうまくバランスをとります。

メイン1

次にメイン1のパラグラフです。修正を加えてものがこちらです。(グレーは修正必要な箇所、赤は書き直したもの、修正したもの)

1.It is reasonable that parents consider making their children play with toys worthy.(はっきりとadvantageがあるという文章に変える)
On the one hand, there are a number of advantages of giving children many toys. 2. Firstly, If children spend the vast amounts of time playing with toys, it would lead to the drastic reduction of the time when for parents to take care of their children.(子供にとってのadvantageではなく親にとってのadvantageとなっている) My parents did not have ample time to take care of me, however, they did not need to pay attention to me because I completely focused on engaging in playing with toys. Furthermore, 3.the part of most children might acquire the ability to think logically 4.through/(by) playing with toys. According to a survey, children who have experienced playing with a board game can manage some issues three times as quickly as their counterparts.


修正点まとめ

1.It is reasonable that parents consider making their children play with toys worthy.

これも、advantageがあります。という文章にわかりやすく書き換えます。特にこうすべきだ、こっちの方が優れているというニュアンスを出すのは適切ではありません。さらに最後のworthy はなくてもいいですね。なので

On the one hand, there are a number of advantaged of giving children many toys.

このように書き換えるといいでしょう。advantage、disadvantageが問われる問題では、On the one hand ~(一方では)という表現を1番初めの文に入れると便利ですね。

2. If children spend the vast amounts of time playing with toys, it would lead to the drastic reduction of the time when for parents to take care of their children.

この文章は大きな問題の1つです。なぜなら、これは、子供にとってのadvantageではなく、親にとってのadvantageになっているからです。問題文では、What are the advantages and disadvantages for the child ~とはっきり子供にとってのadvantageとなっています。これが、大きく、Task Responseを下げている要因になってしまいます。なのでここは丸々書き換える必要があります。

3. the part of most → most でOKですね。

4. through →byでもどちらでもOK

メイン2

次にメイン2ですが、添削したものがこちらです。順番に解説をしていきます。

1.(On the other hand,)There are some drawbacks that parents ought to recognize before letting their children play with toys. Needless to say, some toys 2.have  may impose danger that would 3.cause the (lead to) fatal situations for children. 4.For instance, my nephew(毎回みじかな人物の例では機械的) who was two years old at that time was in danger when he swallowed a piece of toy accidentally. Thus, toys are occasionally might be 5.risky existence for infants. Moreover, 6.providing children with the latest toys tightens family finances.(メイン1と同様に子供にとってのデメリットではない) 7.An economist claims that the budget for toys 8.(often exceeds) is more than 10 percent in total expenses. (ここもメイン1と同じ流れで機械的)


1. メイン1で、on the one handを使用しているので、それに対応するように入れるといいでしょう。

2. some toys have a danger → some toys may impose a danger 適切な表現に言い換えます。

3. cause → lead to こちらはどちらでもOkですが、知っておくといい言い換えです。

4. メイン1と同様に、For instance以下が身近な人物の例になっています。これは機械的で、このように同じようなパターンでかくと場合によってはワード数にカウントされないこともあります。型に当てはめすぎてしまうのは気をつけましょう。

5.they are might be risky existence → they are risky(be動詞が2つある)
また、表現が冗長なのでシンプルにする。特に添削をしていると、毎回、wouldやcouldなどを使うエッセイを見かけます。場合によっては使用しても大丈夫ですが、毎回これらを使うと説得力が落ちます。使いすぎには気をつけましょう。

6.これもメイン1と同様に、子供にとってのdisadvantageではなく親にとってのdisadvantageになっています。

7.2番と同じで機械的。

8. is more than → often exceeds more than(より自然な表現に)


では、全体的に修正したものをまとめます。

On the one hand, there are some drawbacks that parents ought to recognize before letting their children play with toys. Needless to say, some toys may impose a danger that would lead to fatal situations for children. For example, children, especially infants, may accidentally swallow a piece of toy, which causes them to have difficulty in breathing. Another disadvantage is that children with many toys are less likely to value what they have than their counterparts. In other words, they might end up spending a large amount of money on their purchase in their later life.

コンクルージョン

最後にコンクルージョンの段落ですが、

修正前
In conclusion, there are convincing arguments (to be made) about whether children (should) play with toys.(イントロと同じ) I believe that as a result of my traumatic experience seeing my nephew suffering from his accident, parents should be careful regarding what kinds of toys they buy for their children. (聞かれていない

まず、1文目ですが、In conclusion, there are convincing arguments (to be made) about whether children (should) play with toys. ここはイントロと同様で、argumentsがあると書いてしまうと、どちらがいいのか争っている、discussionタイプと混同してしまいます。あくまで、advantage, disadvantage をそれぞれ聞かれているだけで、誰もどちらがいいのか争っている訳ではありません。

また、2文目も同じく、parents should be careful~と完全に聞かれていないことを回答してしまっています。これは言及する必要がありません。

修正後
In conclusion, although playing with toys brings some benefits to children, it can lead children to a serious situation where they might get hurt.

修正後はこのように大きく変更しています。書き方はイントロの2文目と似ています。advantageに関してはイントロで具体的に述べたので、コンクルージョンでは、disadvantageを具体的に書くといいでしょう。

最後に

あくまで参考なので、スコアの評価にはややブレがあるかと思います。また、実際に添削する際には、添削度合いは人によってやや異なります。あまり大きく変更する必要がない場合と、大きく修正する必要がある場合で変わるのでそちらもご参考までに。

最後に、当校では、無料のカウンセリングをおこなっております。特にライティングは、独学での対策が難しいです。「もし何から始めればいいのかわからない、」、「スコアが伸び悩んでいる、、」というかたはまずは気軽にご相談ください。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!