IELTS【ライティングの文字数】はどうすべき?

IELTSライティング文字数
IELTSのライティングの文字数ってどうすればいいの?

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTSライティングの適切な文字数
  • 文字数が足りない場合の3つの対処法
  • 文字数が多すぎる場合のデメリット
  • 簡単に文字数をカウントする方法

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

IELTSライティング必要な文字数は?

アカデミックとジェネラルの両方において、

あいりす
Task1で要求されている文字数は150文字以上、Task2で要求されている文字数は250文字以上です。
この指定の文字数を、満たしていない場合は、以前は、採点基準の1つである、Task Responseがマイナス1になるとされていました。
現在は、採点基準の見直しがあり、これが適応されているかはわかりません。
しかし、文字数が足りない場合は、大幅な減点になる可能性が高いのは間違いありません。
あいりす
指定の文字数以上書くことは最低限クリアできるといいね

ただこれはタスクごとに分けられているので、Task1でちゃんと150文字書けていてTask2で文字数を下回った場合はTask2にのみペナルティが課せられます。

適切な文字数について

ライティングの採点基準はこちらのBand Descriptorに載っています。

ライティングにおいて大切なことの一つとして、アイデアをしっかりとextend(拡げる、延ばす)し、自分の立場を明確にすることがあります。

表を詳しく見ると、

Task AchievementのBand6
・presents a relevant position although the conclusions may become unclear or repetitive
・presents relevant main ideas but some may be inadequately developed/unclear
Task AchievementのBand7
・presents a clear position throughout the response
・presents, extends and supports main ideas, but there may be a tendency to overgeneralise and/or supporting ideas may lack focus

それぞれ一つ目が「自分の立場の明確化」そして二つ目のポイントが「アイデアの提示・展開」です。

文字数に話を戻すと、少なくともBand7を狙う人であれば、Task Achievementはclear positionとextends and supports main ideasが必須となってきます。

これらの条件を満たすエッセーの文字数というのは、Task1では170〜180文字、Task2では270〜280文字以上が自然と必要になってきます。

あいりす
こういった理由から、Task1では170〜180文字、Task2では270〜280文字を文字数の目安とすると良いでしょう。

Band Descriptorsの解説はこちらの記事で詳しくしてあります。

関連記事

あいこ IELTSのスコアって具体的にどうやって計算されるの? こんな疑問に答えます。 この記事の内容 IELTSスコア採点方法 リスニング、リーディングのスコア基準 ライティングとスピー[…]

IELTSスコア

イントロの文字数

Task2のイントロの文字数は40字程度が良いでしょう。

Task2のイントロの構成はどのエッセータイプでも「問題文の言い換え+自分の意見」です。

ボディの文字数

ライティングのTask2には大きく分けて5つのエッセータイプが存在しますが、それぞれのタイプでボディの数は異なります。

もしボディが2つの場合は、一つのボディに対して95文字程度あると良いでしょう。

もしボディが3つの場合は、一つのボディに対して65文字程度あるのが理想です。

5つのエッセータイプに関してはこちらに詳しくまとめてありますので、ぜひご覧ください。

関連記事

あいこ ライティングTask2の5つのエッセータイプを解説するよ! IELTSのライティングTask2は、アカデミックとジェネラル関係なく、5つのタイプに分類されます。 それぞれのタイプで書き方が異なるので、事前に[…]

task2 5つのタイプ

結論(コンクルージョン)の文字数

結論の文字数はイントロと同様、40字程度がおすすめ。

IELTSライティングで文字数が足りない場合は?

あいこ
でも、文字数が足りない場合はどうやって対策をしたら良いの?
あいりす
その場合はこれから伝える3つの解決策を実践してみよう

文字数対策1:丁寧に書く

できる対策としては、丁寧に書くということが挙げられます。

ライティングだから、丁寧に書くのは当然だろと思う人がいるかもしれませんが、具体例を見てみましょう。

例えば、多くの初心者が、Task1の『プロセス(過程)』タイプの問題で文字数を達成できることなく、終えてしまいます。

あまり丁寧に書いていない文章:
Looking at the diagram in more detail, cold water is pumped down through a tunnel which is 4.5km.
丁寧に書いた文章:
Looking at the diagram in more detail, at the first stage in the electricity generation, cold water is pumped down through a tunnel, which is 4.5 km in depth.
下の文章の太字の部分が、丁寧な表現にするために追加した文章です。
このように、プロセス系の問題では『~という段階において、』や『一つ一つの対象について詳しい詳細をより述べてあげること』が大切になります。

文字数対策2:アイデア(サポーティングポイント)を練り上げる

アイデアの練り上げが足りないことによる文字数不足も、初心者がよく陥ってしまう問題です。

特にTask2では、最初に日本語の下書きをすることが定石ですが、この段階で十分なアイデアを出すことができなければ、当然英語で書き上げる時の文字数も少なくなってしまいます。

各段落の一番最初の文章のことをトピックセンテンスと呼びますが、サポーティングポイントとはそのあとに続く文章です。

  1. 説明(explanation)
  2. 具体例(example)
  3. 経験談(experience)

この3つのアプローチでトピックセンテンスを考えます。

具体的なアイデアの出し方はマインドマッピングがオススメ。

IELTSライティングのアイデア出し|マインドマッピングとは?からご覧ください。

文字数対策3:表現力を磨く

文字数対策として最後にできることは、表現力を磨くこと。

つまり、様々な文法を使用して、物事を詳しく述べることのできる力をつけることです。

ライティングにおける表現力は、大きく分けて

  • simple sentence
  • complex sentence
  • advanced complex sentence

の3つに分類されます。

ライティングにおける受験者の目標は、丁寧な文章を心掛けながら、”complex sentence”を増やしていくことです。

この”complex sentence”を増やしていくことで、文法力もアピールしつつ、文字数対策も自然とできますね。


simple sentence

English will remain the global language.
(英語は世界共通の言語であり続けるだろう。)

complex sentence

English will remain the global language because English is the main language for communication in all official environments.
(英語は公式の場においてメインの言語なので、世界共通の言語であり続けるだろう。)

advanced complex sentence

It is said that English, which is spoken by hundreds of millions of people, will remain the global language because English is the main language for communication in all official environments.
(何百万人の人によって喋られている英語は公式の場においてメインの言語なので、世界共通の言語であり続けるだろう、と言われている。)


詳しくはIELTSライティングTask2を短期間で爆上げする4つの対策の『短期間で伸ばす方法その4:複雑な文法の使用を意識する』の項目をご覧ください。

 

文字数が多すぎると良いわけでもない

文字数は多すぎることによって加点がされることはありません

そして、文字数が多すぎることのデメリットとしては3つあります。

  1. ミスが多くなる
  2. フォーカスがずれる
  3. 時間のロス(加点されないので書くだけ無駄)

ミスが多くなるというのは文法に関してです。

文法のミスが多発してしまうと、採点基準のGrammatical Range and Accuracyの減点につながります。

フォーカスがずれるということは、irrelevant informationが多くなる、つまりTask Achievementに影響を及ぼします。

時間のロスは言うまでもないでしょう。

ワードカウントの方法

一つひとつカウントすると大きなタイムロスになってしまいます。

ワードカウントは一行ごとの自分の文字数を覚えておき、その数に行数をかけて計算をすると良いです。ですので普段から、紙でのアウトプットに慣れておく必要があります。

ただ、最初からパソコンでの受験を考えている人はこの作業は必要ありませんね。

まとめ

あいりす
『IELTS【ライティングの文字数】はどうすべき?』をまとめました!
  • 文字数が足りないと、スコアが「ー1」されるというペナルティが発生。
  • Task1では170〜180文字、Task2では270〜280文字が文字数の目安
  • 文字数は多すぎることによって加点がされることはないので、避ける。
  • 文字数のカウントは「一行の文字数 × 行数」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料特典
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

合計”259ページ”で丁寧に解説
全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)

無料特典の内容(全253ページ)

  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの全セクションの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • 過去問(IELTS 14・15)のListeningのスクリプトの日本語訳
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReadingの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReading全パッセージの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • 過去問(IELTS 14・15)のReadingの本文の日本語訳
  • 厳選コロケーションリスト100選(スピーキングのスコアアップに直結)
  • ライティングの5つのタイプの書き方(サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストサンプルアンサー(日本語訳付き)
IELTS公式問題集(過去問)には、解答がついているだけで解説は全くありません。この教材で学習効率アップ間違いなし!
あいこ
なんとなく独学で進めているけど、どう対策したらいいかわからない・・・。

こんな方はダウンロード必須の内容です!

友だち追加
あいりす
LINEの友だち追加でダウンロードできるよ!
IELTSライティング文字数
最新情報をチェックしよう!