IELTSのライティングで7.0を狙うためには?【Coherence & Cohesion】

今回は、前回お話した、IELTSライティング7.0を狙うためのパート2で、Coherence & Cohesiveに関してお話したいと思います。

まずは、IELTSライティングの評価基準をもう一度確認しましょう。
1. Task Response
2. Coherence & Cohesion
3. Lexical resource (語彙)
4. Grammatical range & accuracy (文法)

前回のブログで1. Task Response に関して説明したのでまだご覧になっていない方はIELTSのライティングで7.0以上を狙うためには?【Task Response】から確認してみてください。

では今回の、Coherence & Cohesionに関してですが、そもそもCoherence & Cohesionとは?という方も中にはいるのではないでしょうか。これらは、一貫性とまとまりを指します。

では、7.0以上で求められるこれらの公式の基準を引用します。

・情報や意見を論理的に整理しており、全体を通じ明確な論理性がある

・様々な接続詞を使用しているが、使用の仕方に過不足が見られる

・各段落には明確な中心主題が存在している

となっています。論理性、一貫性が強く求められています。これらはアイディアをどれだけうまくまとめられるかという問題なので、短期間で劇的にこの能力を伸ばしていくのは難しいでしょう。

なので今回は2つ目の・様々な接続詞を使用しているが、使用の仕方に過不足が見られるここに焦点を絞り考えていきましょう。

実は接続詞をうまく使うことは高スコアを狙う上では非常に重要です。具体的にはこれらの接続詞を使いこなせるようになりましょう。

:Although / while / In my opinion

:On the one hand / In other words / consequently / For example / Furthermore / in order to

:On the other hand / so / Another reason

:Finally / in my view / while / therefore

:In conclusion / despite

いかがでしょうか?これらの接続詞をうまく使えることができているでしょうか?これらをうまく使うことによって段落に繋がりがうまれ、一貫性が増してくるはずです。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!