IELTSスピーキングのPart2の答え方を例題で解説します

カナダによくいるリス
IELTSのスピーキングの具体的な答え方を知りたいなぁ・・・。

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

・IELTSスピーキングのPart2の例を交えた具体的な答え方

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<
IELTSのPart2はスピーチのパートで、試験官との会話ではないため、最も苦手とする人も多いはず。

苦手な方の原因はいくつかあると思いますが、答え方について知らない人が多いと思うので、参考にしてみてください。

IELTSスピーキングの採点基準

まずはじめに知っておくべきことはIELTSのスピーキングの採点基準です。

・流暢さ
・文法
・ボキャブラリー(単語)
・発音

この4つに沿って採点がされます。

試験官はアイデアを採点することは絶対にありませんし、意外かもしれませんが、トピックからそれてしまう内容になったとしても問題ありません。

ただ、トピックからそれてしまっても問題がないというのは、トピックを変えていいというわけではなく、あくまでも元のトピックから話を発展させて、それにアイデアを付随させることに問題はないということです。

IELTSスピーキングのPart2で答えるべきことを例題で解説

Descrirbe a website you have bought something from.

You should say:
What the website is
what you bought from this website
how satisfied you were with what you bought

and explain what you liked and disliked about using this website.

これはIELTS公式問題集の14-4で出題されている問題です。

アイデアとしては、

・Amazon
・メルカリ
・楽天
・e-bay

などが挙げられるでしょうか?
もちろん、無名の個人の販売サイトでも構いません。

I’m going to describe a website I have bought something from. I like to stay home taking a rest on weekends, so I regularly use many online stores when I want to purchase something. Now, I’ll tell you my experience with Amazon. I have recently purchased a portable charger off Amazon. So far, I’m very satisfied with the product. What I usually do on my phone is just to watch YouTube videos and play some games while commuting, but these apps consume lots of battery! That made me think of getting a portable charger, and looking at peoples’ reviews, I was sure that this product will just fill my needs.

回答としてはこんな感じで話が続くと思いますが、問題では「Describe a website you have bought something from」と書かれているので、自分の経験として何か物を買ったことがある「ウェブサイト」を軸として話を展開させる必要があると思っていませんか?

これは間違いで、既にモバイルバッテリーをAmazonを通して買ったという事実を伝えるだけで十分です。

そしてもうひとつ。多くの人が勘違いしているのが、与えられている箇条書きの質問に答えなければならないということ。

箇条書きの質問に答えるということは採点基準に含まれていないので、答えなくても全く問題ありません。

その後の話の展開で、この後に商品の良いところや悪いところ、そしてどんな人にオススメをしたいかなどの、ウェブサイトというよりかはむしろ商品にフォーカスが置かれていたとしても、大丈夫です。
これはもちろん、試験官はアイデアではなく英語力しか採点していないからです。

むしろ試験官の仕事は受験者の持ちうる英語のスキルをうまく引き出してそれを採点することが目的なので、話が逸れていても内容が詰まっていれば、それはそれで試験管にとっては採点がしやすい状況ということになります。

IELTSスピーキングのPart2においてアイデアや方向性は重要ではない!

繰り返しになりますが、試験官はあなたの英語力だけを採点しています。

でも、スピーキングって緊張しちゃいますよね。

レッスンで生徒様にはいつも言っていますが、「試験官は自分の能力を最大限に引き出してくれる味方なんだ。」と考えを変えることが大切です。

ぶっきらぼうな試験官もいるかもしれませんが、その方はただ真面目なだけであって、マニュアルに沿ってスピーキングを進行しているだけです。

決して受験者をあえて緊張させるために振舞っているわけではありません。

今までアイデアや方向性が決まらず、結局うまく話せずに終わってしまった方は多いと思います。

上記のことを知っておくことで話すアイデアが見つからないから、Part2が苦手だという人が少しでも減ってくれればと思います。

※アイキャッチ画像 © one – stock.adobe.com

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!