IELTSの一文字の扱いとは?ハイフンは?数字は?

あいこ
IELTSって、単語の抜き出し問題や、ライティングがあるけど、ハイフンとか、数字とかの数え方ってよくわかんないな。。
こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTS文字数のカウント方法

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

IELTSで文字数がなぜ重要か?

IELTSに詳しいりす
スピーキングを除く全ての技能において、IELTSではどの文字や数字などが一文字としてカウントされるのかは事前に知っておく必要があるよ

もし文字数制限を超えてしまったり、足りなかったりした場合は減点扱いとなってしまうので、注意が必要です。

リスニングやリーディングの一点というのは大きいものです。

IELTSに詳しいりす
それがケアレスミスだったら尚更だよね
あいこ
文字数をカウントしなきゃいけないケースって具体的にはどういう問題なの?
例えば、リーディング、リスニングでは、このような問題が出題されます。
ここでは、
Use no more than two words from the passage
とあり
IELTSに詳しいりす
2語までで本文から抜き出しなさいって指示になるよ
また、ライティングでは、
Write at least 250 words
IELTSに詳しいりす
最低、250語以上で書きなさいって指示だよ
このように、IELTSでは、文字数を数えなければならない問題があるため、ハイフンや数字などの扱いを理解しておくことは重要になります。

IELTS文字数の扱い

数字について

ライティングやリスニングでは数を書くことがあると思います。

そして、数字はどれだけ長くなってもそれを一つとしてカウントします。

例えば、

400 = 一文字
1,500 = 一文字

時間の場合、

10:00AM = 一文字

といった具合です。

 

日付について

19th December = 一つの数字と一つの単語(ONE NUMBER AND ONE WORD)

このようにカウントされます。

リスニングや特にSection1で日付を書くことがあるので、この認識をしっかりとしておきましょう。

 

冠詞について

冠詞とは、a / an / theのことですね。

冠詞ももちろん単語としてカウントされます。

ハイフン混じりの単語に関して

in-depth(詳細な)
cutting-edge(最先端の)
self-employed(自営業の)

などが挙げられますが、これらは一単語としてカウントをします。

 

省略形について

he’s

they’re

it’s

などですが、これらも一単語としてカウントされます。

ちなみに、ライティングでは省略形は使うべきではありませんので、ご注意ください。

 

カンマやピリオドについて

これは流石に大丈夫だとは思いますが、カンマやピリオドはカウントしません。

まとめ

『IELTSの一文字の扱いとは?ハイフンは?数字は?』を解説しました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料教材
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
実際のレッスンで使用している教材を見てみよう!
教材サンプル
この教材では、実際のレッスンでも使っている『ライティングの5つのタイプのストラクチャー』『スピーキング過去問の模範解答』を、およそ100ページでまとめています。

教材の内容

  • ライティングのストラクチャー(解答サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストと模範回答(日本語訳付き)
  • 約100ページにわたって丁寧に解説
  • 全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)
友だち追加
あいりす
LINEの友達追加でダウンロードできるよ!
最新情報をチェックしよう!