IELTSのスピーキングで聞き返す時のテクニック

IELTSのスピーキングでの聞き返しのコツやテクニックについて色々知りたいです!

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • 聞き返す時の注意点
  • 聞き返しのフレーズ一覧
  • 何回でも聞き返してもOKなの?(テクニックあり)

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

わからなかったら聞き返す

IELTSのスピーキングでは、質問が聞き取れなかったら聞き返すことができます。

そして、聞き取れなかった場合は必ず聞き返すようにしましょう。

理由としては、聞き返すことによる減点は一切ないからです。

スピーキングはリスニングの試験ではありませんよね。

スピーキングの採点基準はIELTSのスコア採点基準とその仕組みで解説しています。

しかも、Part3においては単語の意味を聞くことも可能です。

ただし、聞き返す場合はいくつかの注意点があります。

聞き返すときの注意点

聞き返すといっても、Part1~3でそれぞれ注意点があります。

Part1の注意点

  • 質問の内容が聞き取れなかった場合は、聞き返すことが可能。
  • 単語の意味を聞くことはできない。

Part2の注意点

  • 渡される紙(キューカードと言います)に書かれている単語が分からなくても意味を聞くことはできない。
  • 別のキューカードに変えてもらうこともできません。
  • Part2で試験官が喋ることは基本的にありません。

Part3の注意点

  • 質問の内容が聞き取れなかった場合は、聞き返すことが可能。
  • 単語の意味も聞くことができる(別の単語でパラフレーズしてくれる)。
  • 質問が理解できなかった時は、説明もしてくれる(パラフレーズしてくれる)。

全体的な注意点

  • 試験官に対する質問は避ける(Do you know ~?、Can you change the question?、What do you think about it?など)

聞き返しのフレーズ一覧

聞き返す時のフレーズは複数知っておくことが大切です。

理由としては、「たった一つの聞き返しフレーズに頼っていると思われるのを避けるため」です。

もし一つのフレーズを暗記しているだけだと、「この人はフレーズを暗記しているだけなのか…。つまりこの人の真のスピーキングの力ではないんだな。」と思われてしまいます。

これはフィラーにも言えることです。

フィラーに関してはIELTSのスピーキングで「フィラー」を使う重要性とその一覧で解説しています。

質問を聞き返したい時

  • Could you repeat the question please?
  • I’m sorry, could you say that again please?
  • I’m sorry, I couldn’t catch it. Can you say it again please?

パラフレーズ、または単語の意味を聞きたい時

  • What do you mean exactly?
  • Can you elaborate on that?
  • Could you explain what ~ means please?
  • What does ~ mean?
  • What do you mean by ~?

何回まで聞き返してOKなのか

結論、数に制限はありません。何回でもOKです。

ただ、あまりにも聞き返す数が多いと会話がそもそも成り立たないので、スコアは著しく下がってしまうでしょう。

テクニックの一つとして、「聞き取れたけど、聞き返す」があります。

これは質問内容が難しくてアイデアを考える時間が欲しい時に有効です。

聞き返し以外にも、フィラーで時間を稼ぐ方法もあります。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!