IELTS リスニング【スコアアップに役立つ5つのコツ】

IELTSリスニングスコアアップするためのコツは?

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTSリスニングの概要
  • リスニングでスコアアップするための5つのコツ

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

IELTSリスニングの概要

まずは、リスニング問題の概要をまとめます。

問題の構成

Part 1 日常に関するトピック(ダイアログ) 10問
Part 2 日常に関するトピック(モノローグ) 10問
Part 3 アカデミックなトピック(2~3人の会話) 10問
Part 4 アカデミックなトピック(モノローグ) 10問

スコア

スコア 5.0 6.0 7.0 8.0
正解数 /40 16-17 23-25 30-31 35-36

もう少し詳しく知りたいという方は、【完全版】IELTSのリスニングの構成と対策を参考にしてみてください。

コツ1. 先読み

リスニングでスコアアップをする中で、もっとも重要なことの1つが先読みです。

ここで言う先読みとは、リスニングの音声が流れるまでの空白の時間を使って、問題文を先に読むことを指します。

IELTSのリスニングでは、Part毎に先読みの時間が60秒~90秒設けられています。

なぜ先読みが重要なのか?

IELTSのリスニングでは、音声のスピードが早く、専門性の高いトピックになるため、聴きながら全てを理解するのは至難の業です。

ですので、音声を聞いて全て理解しようとするのではなく、問題文を事前に読み、何が聞かれているのか?何の情報を抜き出す必要があるのか?を明確にしておく必要があります。

これができるだけでも十分スコアアップにつながる可能性があります。

先読みの練習法

『先読みが間に合わない・・・。』

『最後まで読めないことがある・・・。』

という方は、普段、問題を解く際に、全て読んでから(一時停止して)、音声を聞いて解いてみましょう。

もしそれで普段よりスコアが上がれば、先読み不足が原因でスコアが上がっていない、ということになります。

スコアが変わらないという方は、そもそも問題文や選択肢の意味を取り違えている可能性があります。

スコアが上がった方は、以下の方法で先読み方法を見直していきましょう。

  1. 設問で意味が分からなかった単語は復習して覚える
  2. 読み終わらない場合は、割り切っていくつか捨てる
  3. 問題分の重要な箇所に下線を引く

先読み力=リーディング力

先読みでは、素早く問題文を理解する能力が求められるので、リーディング力が上がるとそれに伴い、リスニング力も向上します。

リスニングに伸び悩んでいる人はまずは、リーディング力をつけることでリスニングにつながる可能性があります。

コツ2. メモの取り方

2つ目のコツは、メモの取り方です。

IELTSのリスニングでは、各パートの最後に1分半、問題が全て終わった後に10分間パソコン受験の場合は2分)、解答用紙に書き写し時間が与えられます。

つまり、音声を聞いている時のメモは、テキトーでOKです 

音声を聞いた時に、完璧にスペリングしようとすると、スペルを書いているうちに次の問題へ、スペルを思い出している間に次の問題へ、ということが起こってしまいます。

特に、パート1と4では単語の書き取りの問題が出題されるので、メモはほどほどに。

例えば、正解が『thermometer(温度計)』の場合、『サーモメター』『おんどけい』など、自分でわかる範囲でメモをしておきましょう(この時複数形なのか、単数形なのかに必ず注意しましょう)。

コツ3. 言い換え

3つ目のコツは、言い換えです。

IELTSでは、リスニングとリーディングどちらも、『問題文→本文』『問題文→音声』といった言い換えが非常に多いです。

これがわかると問題が解きやすくなるので、復習する際は、必ず言い換えを意識するようにしましょう。

例えば、

Many business values can result in (damage).(問題文)

~They can actually cause damage.(音声)

引用元:Cambridge IELTS 12 Test 5

この問題では、空欄の前のresult in~と音声のcauseが言い換えられています。

どちらも「〜を引き起こす」という意味で使われています。

これは頻出の言い換えですが、もし初めから知っていれば問題を解くのがかなり楽になります。

コツ4. スペルミス

まずはスペルミスを減らすことが一番簡単にスコアアップにつながる方法です。

そして、リスニングの問題は、毎回、約半分が単語の穴埋め問題です(Part1と4)。

聞こえてきた単語をそのまま書き取るのですが、スペルミスがあると不正解となります。

特に、固有名詞の最初を大文字にし忘れる、単数と複数を間違えてしまう、といったのはよくあるミスなので注意しましょう。

また、これは意外と知られていないのですが、答えを全て大文字で書くことはOKです。

大文字にすべきか小文字にすべきか悩んだ場合は、全て大文字で書くという裏技も使えます。

 

こちらは書き取りで過去に出題された単語のまとめです。参考にしてみてください。

absence, actor, analysis, animal, appointment, attitude, band, behaviour, bird, box, bridge, bridge, budget, bullying, canal, cash, cattle, cave, cheese, cinema, classification, code, comfortable, complex, concert, confusion, conservation, consumption, control, cost, crime, crying, culture, curtains, cycling, damage, dancing, database, decline, democratic, diary, disabled, doctor, dog, dry, duck, emotion, employment, entry, experience, factory, family, father, floor, flower, flute, food, fountain, garden, grandparent, grass, hard, helmet, history, horse, hostel, ice, income, insect, insurance, international, issue, kitchen, language, lively, logo, lunch, mammal, map, market, market, share, mediator, migration, moist, mountain, museum, mushroom, music, nature, number, observation, outdoor, oxygen, parking, parking, patient, payment, personality, play, political, politics, problem, reproduction, resource, respect, river, roots, rubber, safety, scarf, scientist, screen, secondary, shoes, shop, silent, slide, smartphone, social, software, stage, stamps, stress, structural, study, sugar, superiority, surface, talk, temporary, teenager, tiger, time, tool, traditional, training, travel, unnecessary, variety, visions, waiter, weight, work, worst, youth

コツ5. 頻出シーンを理解する

IELTSのリスニングの問題では、パート毎に頻出シーンがあります。

シーン毎に、話の流れとその後の展開を事前に多く知っておくと、本番でどのような話がされるかを推測しやすくするでしょう。

パート毎の頻出シーンまとめたので参考にしてみてください。

パート1

  • 旅行代理店への問い合わせ
  • お祭りの日程、特徴まとめ
  • 宿泊施設への問い合わせ

パート2

  • 街の交通状況に関して
  • ミュージアムのアナウンス
  • 地図の説明

パート3

  • プレゼンのまとめ
  • ケーススタディのまとめ
  • 実験のまとめ

パート4

  • 環境に関して
  • ビジネスに関して
  • 動物に関して

まとめ

IELTSリスニングのスコアアップにつながるコツを5つまとめました。

  1. 先読み。苦手だったら練習あるのみ。リーディング力が先読み力に繋がる。
  2. メモの取り方。メモは完璧じゃなくてもOK。ほどほどに抑える。
  3. 言い換え。復習のときは言い換えに着目することで次回に活かせる。
  4. スペルミス。スペルに不安がある場合は全部大文字でOK。
  5. 頻出シーンの把握。よくあるシーンは事前に知っておくべき。

これを実践しても、『どうしてもスコアが上がらない・・・。』『1人では何をしたらいいのかわからない・・・。』という方は、一度、当校の無料カウンセリングにてご相談ください。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!