IELTS対策 ライティングTask1 (円グラフ)書き方

カナダによくいるリス
IELTS対策 ライティング Task1の円グラフの書き方がよくわからない、、。

 

こんな疑問に答えます。

ストラクチャー

まず、IELTSライティングの対策をしていく場合、Task1でもTask2でもストラクチャーを覚えるのが有効です。ストラクチャーとはエッセイをどのように書くか大まかな骨組みのことです。おそらくIELTSを対策されていく中で様々なストラクチャーを見かけていると思います。対策においてどれが正解でどれが不正解ということはありません。今回は本校でお伝えしているIELTS Task1のストラクチャーをお伝えします。

1. Introduction
2. Overview
3. Body1
4. Body2

必ずしもこの形で書くのが正解という訳ではなく、あくまでIELTS対策のストラクチャーの1つとして考えてください。
では、それぞれのパラグラフの構成をみていきましょう。

問題

Task1

The charts below show the results of a survey about what people of different age groups say makes them most happy.

Summarise the information by selecting and reporting the main features, and make comparisons where relevant.

Write at least 150 Words.

 

Introduction

まず、IELTSライティングのイントロを書いていく際、問題文の言い換えをする必要があります。今回の問題文はこうなっています。

The charts below show the results of a survey about what people of different age groups say makes them most happy.

では言い換えた文をみていきましょう。

The charts below illustrate the percentage of factors makes people most happy depending on their age groups.

今回はまず、動詞ですが、show→illustrate、また、年齢ごとに、という表現を、depending on ~(〜に応じて)とまとめています。

 

 

Overview

次にOverview概要です。イントロの文章がかけたら、次に2~3文で概要をまとめましょう。概要の文は円グラフをみて、顕著な特徴を2~3個ピックアップし、それらをまとめていきます。

今回では、

  • 両グループでもっとも大きい要因はAchievement at workである
  • 次に大きな要因がdoing hobbies(これもどちらのグループも共通)

では、これらをまとめます。

It is clear that the biggest factor for people’s happiness is achievement at work in both age groups, which accounts for around 30% of the whole. Also, doing hobbies is the second biggest reason that make people feel happy the most (22% for people under 30, 24% for people over 30).

ポイント
It is clear that ~(that以下が明らかである)は、Overviewの段落では非常に使える表現です。

その他重要表現
account for (〜を占める)、the second biggest 〜(2番目に大きな)

Body1

次は、Body1です。今回は、グラフの内容が、シンプルな内容なので、特に、Bodyを2つに分けずに、1つでまとめていきます。グラフによっては、まとめる内容が多く、2つに分ける必要がある場合もあります。

Bodyを2つに分けるタイプは前回の、棒グラフの書き方の記事で説明しています。こちらを是非参考にしてみてください。

では、Bodyでまとめていく内容がこちらです。

  • 30才以上では、3番目にfinancial securityその次に、being with family
  • 30才以下では、3番目にgood appearanceその次にtravelling
For people aged over 30, the ratio of financial security(20%) is followed by being with family with 6% less than that of financial security. On the other hand, younger people find their happiness in having a good appearance, which makes up 18%. Following this, the percentage of travelling is 15% while this factor does not appear on the other graph(over 30 people). Finally, people who are over 30 tend to feel happy about financial status and relationships, while for young people, appearance and travelling are more appealing.

重要表現
the ratio of ~ (〜の割合)、on the other hand (一方で)、while(一方で)

最後に

今後もIELTSライティング、Task1の書き方をまとめていく予定ですので引き続きチェックをお願いします。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!