IELTS対策 ライティングTask1 (円グラフ)書き方

あいこ
IELTS対策 ライティング Task1の円グラフの書き方がよくわからない、、。

 

こんな疑問に答えます。

あいりす
記事で、100ページ以上の無料教材をゲットできるよ

Task1の種類

IELTSライティングのTask1では、主に下記の6種類のタイプから出題されます。どのパターンもある程度書き方をおさえて置くことが重要です。今回は実際に円グラフの問題を例に書き方を解説していきます。

ライティングTask1の種類

採点

IELTSライティングでは、まず採点基準を理解しておくことが重要です。採点基準は以下の4つです。

Task Achievement: 問題の達成度(25%)
Coherence and Cohesion: 内容の一貫性(25%)
Lexical resources: 語彙力(25%)
Grammatical range and accuracy: 文法(25%)

詳しくはここでは述べませんが、採点に関して詳細が知りたい方は以下のリンクを参考にしてみてください。

IELTSのスコア採点基準とその仕組み(Band descriptors)

ストラクチャー

まず、IELTSライティングの対策をしていく場合、

あいりす
Task1でもTask2でもストラクチャーを覚えるのが有効です。

ストラクチャーとはエッセイをどのように書くか大まかな骨組みのことです。英語でのエッセイはある程度骨組みが決まっており、まずはこの骨組みを覚えることが重要です。

おそらくIELTSを対策されていく中で様々なストラクチャーを見かけていると思います。対策においてどれが正解でどれが不正解ということはありません。今回は本校でお伝えしているIELTS Task1のストラクチャーをお伝えします。

  • 1. Introduction(導入)
  • 2. Overview(概要)
  • 3. Body(メイン)

導入、概要、メインという構成になっています。今回は、グラフの内容が、シンプルな内容なので、特に、Bodyを2つに分けずに、1つでまとめていきます。グラフによっては、まとめる内容が多く、2つに分ける必要がある場合もあります。

Bodyを2つに分けるタイプは前回の、棒グラフの書き方の記事で説明しています。こちらを是非参考にしてみてください。

必ずしもこの形で書くのが正解という訳ではなく、あくまでIELTS対策のストラクチャーの1つとして考えてください。

問題

今回はこちらの問題を使用します。

 

 

アウトライン

問題の意味を確認したら、アウトラインを考えましょう。

Task1、Task2どちらも描き始める前にこのアウトラインを固めてから書くようにしましょう。ただし、Task1は時間が20分と限られているため、あまり時間をかけすぎないように注意しましょう。

例えば、

概要

  • 両グループでもっとも大きい要因はAchievement at workである
  • 次に大きな要因がdoing hobbies(これもどちらのグループも共通)

Body

  • 30才以上では、3番目にfinancial securityその次に、being with family
  • 30才以下では、3番目にgood appearanceその次にtravelling

今回はこのようにまとめてみました。特に正解はないので、グラフをみてわかる情報をパッとまとめられるようにしていきましょう。

Introduction(導入)

まず、IELTSライティングのイントロを書いていく際、問題文の言い換えをする必要があります。今回の問題文はこうなっています。

The charts below show the results of a survey about what people of different age groups say makes them most happy.

では言い換えた文をみていきましょう。

The aforementioned charts illustrate the percentage of factors that make people happiest depending on their respective age groups.

ポイント

  • show→illustrate
  • depending on ~(〜に応じて)

Overview(概要)

次にOverview(概要)です。イントロの文章がかけたら、次に2~3文で概要をまとめましょう。概要の文は円グラフをみて、顕著な特徴を2~3個ピックアップし、それらをまとめていきます。

今回は先ほどアウトラインで考えた

  • 両グループでもっとも大きい要因はAchievement at workである
  • 次に大きな要因がdoing hobbies(これもどちらのグループも共通)

これらをまとめます。

It is clear that the most significant factor for people’s happiness is achievement at work in both age groups, which accounts for around 30% of the whole. Also, undertaking hobbies is the second biggest reason that makes people feel happy the most (22% for people under 30, 24% for people over 30).

ポイント
It is clear that ~(that以下が明らかである)は、Overviewの段落では非常に使える表現です。

その他重要表現
account for (〜を占める)、the second biggest 〜(2番目に大きな)

Body(メイン)

次は、Body(メイン)です。こちらも先ほどアウトラインで考えた内容をまとめていきましょう。

  • 30才以上では、3番目にfinancial securityその次に、being with family
  • 30才以下では、3番目にgood appearanceその次にtravelling
For individuals aged over 30, the ratio of financial security(20%) is followed by being with family with 6% less than that of financial security. Conversely, younger people find their contentment in having a good appearance, which comprises of  18%. Following this, the percentage of travelling is 15% while this factor does not appear on the other graph(over 30 people). Finally, people who are over 30 tend to feel happy about financial status and relationships, while for young people, appearance and travelling are more appealing.

重要表現
the ratio of ~ (〜の割合)、Conversely (反対に)、while(一方で)

完成形

The aforementioned charts illustrate the percentage of factors that make people happiest depending on their respective age groups.
It is clear that the most significant factor for people’s happiness is achievement at work in both age groups, which accounts for around 30% of the whole. Also, undertaking hobbies is the second biggest reason that makes people feel happy the most (22% for people under 30, 24% for people over 30).
For individuals aged over 30, the ratio of financial security(20%) is followed by being with family with 6% less than that of financial security. Conversely, younger people find their contentment in having a good appearance, which comprises of  18%. Following this, the percentage of travelling is 15% while this factor does not appear on the other graph(over 30 people). Finally, people who are over 30 tend to feel happy about financial status and relationships, while for young people, appearance and travelling are more appealing.

まとめ

IELTSライティングTask1の対策では、いくつかのパターンごとに書き方を覚えていき対応できるようにしていくといいでしょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料特典
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

合計”253ページ”で丁寧に解説
全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)

無料特典の内容(全253ページ)

  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの全セクションの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReadingの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReading全パッセージの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • ライティングの5つのタイプの書き方(サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストサンプルアンサー(日本語訳付き)
IELTS公式問題集(過去問)には、解答がついているだけで解説は全くありません。この教材で学習効率アップ間違いなし!
あいこ
なんとなく独学で進めているけど、どう対策したらいいかわからない・・・。

こんな方はダウンロード必須の内容です!

友だち追加
あいりす
LINEの友だち追加でダウンロードできるよ!
最新情報をチェックしよう!