IELTS【短期間での対策法と成功例まとめ】

IELTS短期間で対策するには・・・。

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTS短期間での対策法
  • 短期間で達成した成功例

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

IELTS短期での対策法

まず、「一般的にIELTSのスコアをあげるにはどれぐらいの時間がかかるか?」
Overallで1.0をあげるのに約3ヶ月(1日3時間の勉強)ほどと言われています。
これは、現在のスコアが高ければ高いほど、より上がりにくい傾向になります。例えば、4.5→5.0と、6.5→7.0を比較すると明らかに後者の方が難しく時間がかかります。なので、今回の記事の趣旨とはずれますが、6.5~7.0のスコアが必要な方は早めの対策が必要です。このレベルになると短期間でのスコアアップはかなり難しくなります。この記事では、現在のスコアが4.5~5.5で、短期的に6.0ぐらいのスコアを狙いたいという方を想定して説明していきたいと思います。

どのセクションに力を入れるべきか?

短期間での対策の場合、効率良く、上がりやすいセクションに力を入れるべきです。もちろん個人差はありますが、最も上がりやすいセクションがスピーキング、最も上がりにくいセクションがライティングと言えるでしょう。スピーキングが上がりやすいのは意外な印象があるかもしれませんが、実はスピーキングは流暢性さえ高ければ、6.0ぐらいまで意外と簡単に取れてしまいます。逆にライティングは、5.5~6.0ぐらいまでは早く到達できるのですが、それ以降のスコアの伸びは短期間ではほとんど期待できないです。では具体的にセクション毎にどのように対策をするべきかみていきましょう。

最も上がりやすいスピーキングを中心に、ライティングには時間をかけすぎない

リーディング対策

リーディングは、5.0~5.5から、6.0以上のスコアに短期間でスコアアップする可能性が十分にあります。具体的には、取れる問題と、苦手な問題をはっきり分けて、本番で確実に取れる問題を優先して解いていくようにしましょう

正直リーディングはこれだけで、スコアが0.5~1.0上がる可能性があります。以前、リーディング問題毎の対策法という記事を書いているので、こちらを参考にしてみてください。最も正解しやすい問題は、単語の穴埋めの問題です。問題によっては、15題程度出題されることもあり、完璧に回答できればこれだけで、5.0取れることになります。どの問題を取り、どの問題を捨てるのかを、はっきりさせるのが短期でできる1番の対策になるでしょう。

もう1つは、とにかく問題をとくことです。問題集はCambridge公式問題集をおすすめします。とにかく問題を解いて、復習をするサイクルをできるだけ多くこなしましょう。詳しい問題の解き方、復習方法は、IELTSリーディング構成と対策を参考にしてみてください。

ポイント

取れる問題と、苦手な問題をはっきり分けて、本番で確実に取れる問題を優先して解いていくようにする

リスニング対策

リスニングもリーディングと同様に、短期間でスコアアップが期待できるセクションです。まずは、注力すべきパートですが、Part1、Par4を中心に進めることをおすすめします

理由は、Part1,Part4は通常、空欄の補充問題で、先読みができている場合、正解できる可能性が高く、全体的な話の流れを細かく聞いて理解する必要がありません。それに対して、Part2,3は全体的な話の流れがわからないと難しい問題があり、リスニング力が必要となります。短期的には伸ばしにくいので、Part1,4を重点的に対策することをおすすめします。

具体的には、問題を解き、復習する流れですが、最低限、Part1,4では、問題文、スクリプトの意味を全て理解してから次に進むようにするといいでしょう。ガムシャラに問題だけ解いても効果は薄いので、どれだけ時間がなくても復習に時間を割くようにしましょう。

ポイント

Part1、Par4を中心に進める

スピーキング対策

スピーキングは前述のように、短期的に最もスコアを伸ばしやすいです。具体的な対策法は、頻出のトピックに対して準備をしていきましょう。例えば、IELTS対策で有名なLizさんのサイトでは、トピック毎に頻出の問題をまとめてくれています。本番までにできるだけ多くのトピックに関しても問題をみて、自分なりの答えをまとめていきましょう。これは暗記して、そのまま本番でアウトプットするという訳ではなく、どのような内容で答えるかをまとめられれば十分です。例えば、環境や社会問題に関して出題された場合など、その場で意見を考え、それを英語にするのは難しいです。事前に意見をまとめ、毎日音読して練習するようにしましょう。1ヶ月から2ヶ月でも効果的です。

ポイント

頻出トピックのネタを準備する

ライティング対策

ライティングは、6.0→6.5~7.0のスコアアップが非常に難しく、短期的には最もあげにくいでしょう。まずは、6.0ぐらいの実力をつけつことを目標にし、そこがクリアできているのであれば、正直短期間での対策では結果がかなりでにくいでしょう。では、まず、6.0までに最短で到達する方法ですが、タイプ毎の書き方を習得しましょう。仮に、文法ミスが多少あったとしても、タイプ毎の書き方が身についていて、質問から答えがそれていなければ十分に6.0を取れる可能性はあります。まだ、タイプ毎のライティングの書き方がわからないという方は5つのエッセイタイプを参考にしてください。

ポイント

タイプ毎の書き方をマスターする

短期間での成功例

最後に当校での、短期間での対策に成功された方の例を簡単に紹介したいと思います。

Aさん

期間・・・3ヶ月
スコア・・・ L5.5→8.0 /R6.0→8.0 /W5.5→6.0 /S5.0→6.0


かなり稀な例ですが、短期間でも大幅にスコアアップに成功される方のご紹介です。Overallで7.0以上必要という目標だったので、リーディング、リスニングを中心に対策していました。

具体的に実施したこと
リーディング、リスニング・・・公式問題集3冊分をとき、復習する(1周)、1問、1問丁寧にわからない問題が内容に進めました。
ライティング・・・タイプ毎の書き方をおさえ、3~4回添削。
スピーキング・・・トピック毎にネタを考えアウトプットする練習を週に1回、1ヶ月半ほど。

ここまで大きくスコアアップできた要因は、1問、1問丁寧に確認ができたからでしょう。時間がなく焦っている中で、雑に進めがちですが、1つ1つの理解をしっかり深めて進めていくといいでしょう。

Bさん

期間・・・3ヶ月
スコア・・・L5.0→6.0 /R5.5→6.0 /W5.5→6.5 /S5.0→6.0


次に3ヶ月で、全て6.0以上をクリアした方の例です。かなりうまくスコアアップできた例ですが、正しく対策ができれば現実的な例です。

具体的に実施したこと
リーディング・・・問題を解き、なぜ間違えたのか?どのように問題をとくか?どの順番でとくかを丁寧に確認。もともと、ベースの英語力が高い方だったのですが、時間が足りないというのが悩みでした。その場合、問題の解く順番や、戦略を見直すことで一気にスコアが上がる可能性があります。Bさんもまさにそうでした。

リスニング・・・Part1,Part4を徹底的に対策。リスニングは一番苦手意識が強く、短期間でリスニング力の底上げを目指すよりも、先読み、言い換えで問題を解けるPart1,Part4を中心に確認をしました。

ライティング・・・タイプ毎の書き方をおさえて、3~4回添削。論理的に文章を構成するのが非常に得意で、書き方さえマスターして問題なく、スコアアップできました。

スピーキング・・・トピック毎にネタを考えアウトプットする練習。発音を改善するため、毎日音読の練習。

まとめ

短期間での対策法をまとめていきましたが、本来はやはり対策は余裕を持ってしていくのが一番ですね。それでの時間がない方、どうしていいのかわからない方は当校のカウンセリングで一度ご相談ください。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!