IELTS  最新版【日本人の平均スコアは?】

ielts平均スコア
IELTS日本人の平均スコアは・・・?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • IELTS日本人の平均スコアは?
  • 他の国とのスコアの比較

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

IELTSに詳しいリス
今回はIELTSの日本人の平均スコアに関して解説をしていくよ

まだIELTSに関してよくわかっていないという方はまずは、IELTS対策まとめ【概要と対策を全て解説】を読んで理解を深めてみてください!

IELTS日本人の平均スコアは?

現在最新のまとめ(2018年)では、日本人の平均スコアはこのようになっています

Academic

Listening Reading Writing Speaking Overall
5.87 6.05 5.43 5.56 5.75

https://www.ielts.org/research/test-taker-performanceより参照

平均スコアは、リーディングが最も高く6.05ライティングが最も低く5.43となっています。やはりアウトプットのライティング、スピーキングが、リーディング、リスニングよりも低くなっています。

ライティング、スピーキングはリーディング、リスニングよりも対策しにくいことが要因になっていると考えられます。それぞれの対策に関しては下記の記事を参考にしてみてください。

【完全版】IELTSのリスニングの構成と対策

【完全版】IELTSのリーディングの構成と対策

目指せハイスコア!IELTSライティングTask2対策。【5つのエッセータイプ】

【2020年】IELTSスピーキングの対策。パートごとに解説します。

IELTSに詳しいリス
ライティングは特に早めの対策が必要になりそうだね

他の国との比較

他の国と日本の比較はこのようになっています。

Listening Reading Writing Speaking Overall
日本 5.87 6.05 5.43 5.56 5.75
中国 5.96 6.21 5.42 5.46 5.82
韓国 6.23 6.22 5.48 5.80 6.00
タイ 6.29 6.05 5.42 5.90  5.98

他のアジアの国と比較すると日本はやや低い平均になっていますね。ただどの国も共通して、ライティングのスコアが低いですね。

IELTSに詳しいリス
どの国も共通してライティングが低いね、、

実は、母語が英語の受験者の平均スコアはこのようになっていて、

Listening Reading Writing Speaking Overall
7.21 6.72 6.20 7..10 6.87

ライティングは6.20となっています。ここからもライティングで高スコアを取るのが非常に難しいことがわかりますね。ライティングで必要なスコアが6.5以上の場合は、独学での対策は非常に難しくなります。

IELTSに詳しいリス
英語を母語としている人でも、ライティングのスコアは低く出ているね

まとめ

今回は、『IELTS  最新版【日本人の平均スコアは?】』に関してまとめました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料教材
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
実際のレッスンで使用している教材を見てみよう!
教材サンプル
この教材では、実際のレッスンでも使っている『ライティングの5つのタイプのストラクチャー』『スピーキング過去問の模範解答』を、およそ100ページでまとめています。

教材の内容

  • ライティングのストラクチャー(解答サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストと模範回答(日本語訳付き)
  • 約100ページにわたって丁寧に解説
  • 全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)
友だち追加
あいりす
LINEの友達追加でダウンロードできるよ!
ielts平均スコア
最新情報をチェックしよう!