「短気」は英語で「short-tempered」。使い方を解説!

カナダによくいるリス
「短気」って英語でなんて言うの?

 

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

「短気」を英語で言うと?

ズバリ、

short-rempered

と言います。

short-temperedの使い方

「彼女、すごい短気なんだよね〜」

「あの先生の唯一の欠点は、少し短気なところかなぁ」

 

「短気」といえば、すぐに怒りを露わにしてしまう人を形容する言葉ですが、

これを英語で言うとすれば・・・

 

He gets angry easily.

 

この文でも問題ありませんし、意味はしっかりと通っていますが、ほとんどのネイティヴはこうは言いません。

 

「彼は気が短い」という文があったとすると、

 

He is short-tempered.

He has a short temper.

 

のどちらかで表現されることが多いです。

 

「temper」は「気質」や「機嫌」という意味がありますので、

「short」と組み合わせると

「彼は短い機嫌を持っている」→「彼は短気だ」となるわけですね。

I like everything about him besides the fact that he’s short-tempered.
(私は彼が短気だということを除いて、彼の全てが好きだ。)

He broke up with me this morning because he said I have such a short temper.
How can I make up with him?
(今朝、私が短気だからと言って彼にフラれちゃった。どうやって仲直りしたらいいかな?)

 

「キレる」って英語でなんて言うの?

lose one’s temper

と言います。

When he hit me, I totally lost my temper.
(彼が私を殴った時、私は完全にキレた。)

 

それでは逆に、「器が大きい」と言いたい時はどうするか?

「long-tempered」とは言いません。

 

What’s the most attractive about him is that he’s really tolerant.
(彼の一番の魅力は器が大きいことだ。)

He’s big-hearted, so he wouldn’t bother anyway.
(彼は器が大きいから気にしないよ。)

 

このように表現します。

他にも言い方はいくつかありますが、代表的な言い方の例を紹介しました。

※アイキャッチ画像 © olly – stock.adobe.com

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!