「ハシゴする」は英語で「bar hopping」と言います。

カナダによくいるリス
「ハシゴする」って英語でなんて言うの?

 

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

「ハシゴする」は英語で?

ズバリ、

「bar hopping」

と表現します。

bar hoppingの使い方

日本ではお酒が飲める20歳になったら友達や上司と

「ハシゴする」という表現を使うことが多くなるのではないでしょうか。

 

日本では「ハシゴをする」つまり「二軒目に行く」

ことはよくありますが、海外では「はしごする」ということ自体があまりないなぁと思うのは私だけでしょうか?

何故でしょうか・・・?

 

なにはともあれ、そんな海外にも「ハシゴをする」という表現は存在します。

 

bar hopping

 

「bar」はそのまま「バー」という意味で

「hop」は「飛び跳ねる」という意味です。

 

イメージとしては「複数のバーをぴょんぴょんと巡る」感じでしょうか。


So what did you end up doing last night?
(結局昨晩何したの?)
We went bar hopping.
(飲み屋をはしごしたよ。)

Do you want to bar hop tomorrow?
(明日飲み屋はしごしない?)
Yeah, why not!
(いいね!)

 

他の言い方として、

pub crawl」という表現もあります。

「crawl」は日本語の「クロール」で、「這う、匍匐する」という意味があります。

 

ですので、「pub crawl」というと

「複数のパブを這いまわる」という面白いニュアンスになります。

 

「hopping」という単語だけを使って

Let’s do ramen restaurant hopping.
(ラーメン屋さん巡りの旅をしようよ。)

 

という言い方もできます。

これでネイティヴに一歩近づけますね。

※アイキャッチ画像 © よぴんこ(yopinco) – stock.adobe.com

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料教材
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
実際のレッスンで使用している教材を見てみよう!
教材サンプル
この教材では、実際のレッスンでも使っている『ライティングの5つのタイプのストラクチャー』『スピーキング過去問の模範解答』を、およそ100ページでまとめています。

教材の内容

  • ライティングのストラクチャー(解答サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストと模範回答(日本語訳付き)
  • 約100ページにわたって丁寧に解説
  • 全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)
友だち追加
あいりす
LINEの友達追加でダウンロードできるよ!
最新情報をチェックしよう!