「とんでもありません」は英語で「It’s my pleasure」と言います。

カナダによくいるリス
「とんでもありません」って英語でなんて言うの?

 

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

「とんでもありません」は英語で?

ズバリ、

「It’s my pleasure」

と表現します。

It’s my pleasureの使い方

日本語はその文化的背景もあり、自分の立場より上にある人たちを尊敬する「尊敬語」というものが存在しますよね。

日本語は基本的に、謙遜して相手を「ヨイショ」する姿勢を見せることが多い、そんな言語です。

 

例えば、ビジネスの場で新規契約をしていただくために先方とミーティングがあったとして、こう言われます。

 

「今日はお時間を作っていただき大変ありがとうございました。」

「いえいえ、そんな、とんでもありません。」

 

「とんでもありません。」というのは「滅相もありません。」

という意味なので、日本語ならではの謙遜の意を含んでいると思います。

 

It’s my pleasure

「それは私の喜びです」

 

素敵な響きですよね。

英語では謙遜するという文化があまりないので、これを言うだけで「とんでもありません」の意味になります。

これを言った後に「Thank you for〜」とつけると、より丁寧な言い方になります。

 

例文を見ていきましょう。


Thank you for having me here today. I look forward to seeing you soon.
(今日はお招きいただきありがとうございます。また会えることを楽しみにしております。)
My pleasure. Thank you very much for coming too.
(とんでもありません。こちらこそお越しいただき誠にありがとうございます。)

 

上の例文のように、「My pleasure」と略して使われる場面も多々あります。


It was nice meeting you again. I appreciate the opportunity.
(またお会いできて良かったです。この度はご機会をありがとうございます。)
Likewise. It was my pleasure. Thank you for the opportunity too.
(こちらこそ。ご機会をいただきありがとうございます。)

 

二つ目の例文の「Likewise」ですが、これも重要単語の一つです。

 

もしあなたが留学生であれば、学校で新しい友達とあって

「Nice to meet you.」

の文章を使う機会は山ほどあると思います。

 

「Likewise」は「同様に」という意味があり、

この場面でその単語単体を使うと、「(私も)同様です。」という意味になります。

 

他にも、みなさんがよく使いがちな表現が

「No problem」

「No worries」

などがあると思いますが、この二つの表現は「自分が相手に何か良いことをしてあげた場合」にのみ使うことができます。

ですので、場合によっては少し「上から目線」という風に捉えられるかもしれません。

日本語で言うと「いえいえ、大丈夫ですよ。」といった具合でしょうか。

※アイキャッチ画像 © Spectral-Design – stock.adobe.com

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!