「- ish(イッシュ)」の意味は「〜ぐらい」。使い方を解説!

カナダによくいるリス
「- ish」ってどういう意味?

 

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

– ishの意味

ズバリ、

「〜ぐらい」

「〜っぽい」

という意味になります。

– ishの使い方

「じゃあ5時ぐらいに集合ね!」

「明日は8時ぐらいに出勤すると思います」

「昨日結局寝たのは夜中の2時ぐらいだったよ」

 

こんな文章に出てくる、この「ぐらい」を英語で表現するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず始めに浮かんでくるあろう表現が

around

ではないでしょうか?

 

Let’s meet up here around 5.

I’ll be at work around 8 (o’clock).

I hit the sack around 2 last night.

 

このどれも間違っていはいませんが、ネイティヴは「around」の代わりに、

 

ish(イッシュ)

 

を使います。

 

例文を混ぜて使い方を見てみましょう。

「ish」は時間、年齢、性質の3つに分けられてよく使われます。


What time do you think you are going to the restaurant tonight?
(今夜何時ぐらいにレストランに行くと思う?)
I think I’ll be there at 7ish.
(7時ぐらいにはそこにいると思うよ)

How old do you think she is?
(彼女何歳だと思う??)
She looks pretty young though. I’d say 18ish?
(若く見えるけどね。18歳ぐらい?)

What does this color look like to you?
(これ何色に見える?)
To me,,, it looks yellowish.
(僕には、黄色っぽく見えるかなぁ。)

 

最後の例のように、「性質」にも使えると知っている人は少ないのではないでしょうか?

英語圏ではルーズな人が日本に比べて多いと思うので、もしあなたが北米に住まれているなら、必須の表現ですね!

ただ、7ishって伝えたのに、大遅刻して8ishにくる人もちらほらいたりしますが・・・笑。

※アイキャッチ画像 © Natalia Merzlyakova – stock.adobe.com

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料教材
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
実際のレッスンで使用している教材を見てみよう!
教材サンプル
この教材では、実際のレッスンでも使っている『ライティングの5つのタイプのストラクチャー』『スピーキング過去問の模範解答』を、およそ100ページでまとめています。

教材の内容

  • ライティングのストラクチャー(解答サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストと模範回答(日本語訳付き)
  • 約100ページにわたって丁寧に解説
  • 全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)
友だち追加
あいりす
LINEの友達追加でダウンロードできるよ!
最新情報をチェックしよう!