数字

何回受ければ大丈夫?IELTS必要な受験回数は?

IELTS何回受ければスコアに届くのかわからない・・・。

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTSの平均受講回数
  • どのタイミングで受験をするべきか?

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

 

IELTSの平均受験回数は?

当校でIELTS対策をされている方が、スコア達成までに受験する回数の平均は4~5回ほどになります。4~5回というと、1回の試験が約25,000円ほどかかるので10万円以上コストがかかることになります。

「対策校に行ってプラス4~5回も受験するなんて受けすぎじゃないか?」と思う方もいると思います。

ただこれはあくまで、平均になるのでもちろんうまく1回で取れてしまう方もいれば、目標スコアが高く毎回惜しいスコアは取れるがあと1歩届かず受験回数がどんどん増えてしまうという方もいらっしゃいます。中にはトータルで20回以上受けたが必要なスコアが取れずに相談いただく方もいらっしゃいます。

一般的に、6.5以上のスコアが必要になる場合受験回数がグッと増えてしまう傾向にあります。特に、ライティングの要求スコアが6.5以上を超えている場合はスコアはかなり取りにくくなるので要注意です。逆に、必要なスコアが5.0~5.5ぐらいの場合はしっかりと対策ができればそれほど受験回数は増えることはないでしょう。

これから受験される方は、1回で必要なスコアをとるというのがかなり稀なケースだということを念頭に早めに対策をしていくといいでしょう。

受験回数は多い方がいいのか?

受験回数はむやみに多く受けすぎてしまっても、お金と時間が無駄になってしまう可能性があるので注意しましょう。特に練習で1度も目標点に達したことがない。あるいは、ほとんど目標点を越すことがない。このような状態で試験を受け続けても、取れる可能性は非常に低いです。

もちろん受け続けることで試験に慣れる、または問題によっては簡単な問題が出題されるなどの要因でスコアが練習よりも高く出るということはありますが、しっかり対策をした状態で受けるのがベストでしょう。

どのタイミングで受けるべきか?

受験のタイミングですが、できれば、リーディングとリスニングに関しては練習でほぼ必要なスコアを下回ることがないという状態になってから受けるのが理想です。個人差はありますが、本番ではややスコアが練習よりも下がってしまう人の方が多いです。これはおそらく緊張や、本番ではより丁寧に読む意識が働きリーディングで時間がなくなってしまうなどの要因が挙げられます。

ライティング、スピーキングに関しては、リーディング、リスニングに比べスコアがブレやすいです。満遍なく頻出のトピックに関して練習ができ目標のスコアに近い点数を出せるようになってきてから受けるのがいいでしょう。

人によっては申請の期限が迫っていてなんとかスコアをだすために受けなければならないという方もいると思います。正直こうならないように余裕を持って事前に対策をしておくのが1番です。特に現状5.5~6.0のスコアで、1ヶ月で7.0~7.5以上を取らなければならない。などは現実的にかなり難しいです。それではなんとか短期間で結果を出したい場合には闇雲に何回も受験するのではなく、まず対策校に相談してみましょう。

ある程度のベースがあれば、問題のアプローチ法やテクニック的な部分でスコアが短期的に向上する可能性もあります。悩んでいる場合はまずは相談してみてください。

まとめ

当校では、日本人バイリンガル講師があなたの担任となってレッスンを行います。

  • 1:1のプライベートレッスン
  • 担任制(講師は毎回固定)
  • レッスンは日本語でのやり取り
  • Skypeを使ったオンラインレッスン(自宅や職場からでもOK) 

是非一度、無料カウンセリングにてIELTSのお悩みをお聞かせください(無理な勧誘はいたしません)。

無料カウンセリングを受けてみる

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

数字
最新情報をチェックしよう!