IELTS リーディング 【スコアアップのための復習方法】

リーディング復習
IELTSリーディングの復習方法がわからない・・・

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTSリーディングに関して
  • IELTSリーディングの効果的な復習方法

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

IELTSリーディングに関して

あいこ
IELTSのリーディングをまだ受けたことがなく、そもそも概要をよくわかっていない、、

という方はまずはこちらをどうぞ

【完全版】IELTSのリーディングの構成と対策

なぜリーディングで復習が大切なのか?

あいりす
みなさんリーディングで復習できていますか?
あいこ
実は復習の方法がよくわからなくて全然時間を取れてないんだ、、
このように、意外とリーディングの復習をきちんとできている人は少ないです。
なぜ、IELTSのリーディグで復習が必要なのか、、

それではIELTSのリーディングでは、問題のパターンや、言い換えのパターンなど、繰り返し出題されるパターンが存在するからです。

あいりす
これらを攻略するためには、問題を解いて終わりにするのではなく、正しい方法で時間をかけて復習する必要があります。

リーディング復習方法

あいこ
そうは言ってもどうやって復習すればいいのかいまいちよくわからないんだよね、、
あいりす
大丈夫!今から演習から復習までの流れを説明するよ

 

1. 問題を解く

まず、問題を解きます。問題はできれば公式問題集を使うことをおすすめします。(下記のリンクの問題集になります。)

あいりす
なるべく、時間も60分計り、時間内で解くようにしましょう

本番では、ライティング、リーディング、リスニングと3時間ぶっ続けで、試験がおこなわれます。本番を想定して、今のうちに全て通しで解くクセをつけておきましょう。

分けて解く場合と、全て通しで解く場合では使う集中力がかなり変わります。

リーディングではこの集中力を60分持続させられるかどうかも重要になります。



 

2. 答えあわせ

次に答え合わせをします。

あいりす
この時に大切なのが、自分の目標に対して自分の正解数はどれだけ足りていないのかを必ず確認しましょう。

例えば、6.5以上を目指している場合、必要な正解数は27問以上ですね。自分の正解数が20問だとすると、あと7問足りなかったのだなと確認を必ずしていきましょう。

このように常に目標のスコアと今のスコアの差分を意識しましょう。

IELTSでは、おそらく多くの人が6.0~7.5ぐらいのスコアを求められます。仮に7.5が必要だとしても、必要な正解数は、33問になります。これでもまだ、7問は間違えてもOKなので、必要な正解数を意識しましょう。

3. 分析する

あいりす
この分析がもっとも大切な作業となります。

間違えた問題を確認して行く際に意識して欲しいのは、まずはなぜ間違えたのか把握することです。

多くの場合は以下に当てはまるのではないでしょうか。

  • 質問の意味を取り間違えた
  • 該当の箇所を探せなかった
  • 時間が足りなかった

質問の意味を取り違えた

あいりす
現在のスコアが、5.5~6.0でそこから伸び悩んでいる方は、ここでの取りこぼしが多いです。
あたり前ですが、質問の意味がきちんと理解できなければ、答えを導くことはできません。
特にTrue/False/Not Givenの問題では、質問文の意味がわからなければ絶対に正解はできません。
自分では、取れていたつもりでも、確認すると理解できていないということはよくあります。
あいりす
理解できているの定義は、誰かに説明できるかどうかです。
間違えた、問題の質問の意味は、復習の際に必ず確認をするようにしましょう。

該当の箇所を探せなかった

次に、質問の意味はわかっていたが該当の箇所がわからなかった場合ですが、

あいりす
この場合は言い換えに気づかなかったパターンが非常に多いです。

復習の際には必ず、本文中での該当の箇所を見つけ、質問文との言い換えを必ず確認しましょう。

時間が足りなかった

最後に、時間が足りなかった場合の対処方です。

あいりす
この場合は、問題を解く順番は適切だったかを見直しましょう。

IELTSのリーディングでは、時系列順に回答が登場する問題、そうでない問題が分かれます。

例えば、Passage3に到達した時に残り時間10分だった場合どうしますか?順番から解いていってもおそらく最後まで辿りつかないと思います。

であれば、効率よく解ける問題はどれかを判断してそれを優先的に解いていくべきですね。

このように、問題の意味や本文の単語だけをみていくのではなく、戦略的な部分も必ず確認していくようにしましょう。

 

まとめ

あいりす
IELTS リーディング 【スコアアップのための復習方法】を解説しました。

そのほかのリーディングの記事も是非ご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料教材
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
実際のレッスンで使用している教材を見てみよう!
教材サンプル
この教材では、実際のレッスンでも使っている『ライティングの5つのタイプのストラクチャー』『スピーキング過去問の模範解答』を、およそ100ページでまとめています。

教材の内容

  • ライティングのストラクチャー(解答サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストと模範回答(日本語訳付き)
  • 約100ページにわたって丁寧に解説
  • 全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)
友だち追加
あいりす
LINEの友達追加でダウンロードできるよ!
リーディング復習
最新情報をチェックしよう!