IELTSのリーディング頻出トピックは?

カナダによくいるリス
IELTSのリーディングの頻出トピックを知って効率的に対策したいなぁ。

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

・公式問題集をもとにIELTSのリーディングの頻出トピックの回数を計算

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

 

IELTSのリーディング頻出トピックの分析結果

今回はIELTSリーディングでよくでるトピックは何なのか?について検証していきたいと思います。

皆さんは問題を解いていて、苦手なトピックや得意なトピックがあるなと感じたことはありませんか?

私は個人的に、Businessの話が苦手だなと感じます。理由はどうするべきだというマインドセットの話が多く、あまり具体的に話をイメージできないからです。。。

今回は直近の公式問題集(12~14)のリーディングの出題トピックを分析し、どのトピックが出やすいのかをみてみましょう。

シリーズ Passage1 Passage2 Passage3
12-5 植物 趣味 教育
12-6 農業 考古学 語学
12-7 動物 医学、地理 音楽、科学
12-8 グラス 動物、環境 ビジネス
13-1 観光 科学 芸術、科学
13-2 植物 科学 ビジネス
13-3 植物 子供、言語 考古学
13-4 環境 哲学
14-1 子供 自転車 ビジネス
14-2 伝記 建築 ビジネス
14-3 科学 医療 おもちゃ
14-4 科学 動物 環境

1位 ビジネス(4回)、科学(4回)
2位 植物(3回)
3位 環境(2回) 考古学(2回)

となりました。やはり、ビジネスのトピックはよく出ますね。

IELTSのリーディング頻出トピックへの対策

苦手トピックの問題をもう一度見直し、特にわからない単語は復習しましょう。

例えば、ビジネストピックではよく、compensationと出てきますが意味は「給料」です。元々は「補償」というですね。このようによく使われる単語の意味を再度確認しましょう。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!