交差点の女性

IELTS リーディング【最頻出言い換え10選】

IELTSリーディングでよくでる言い換えは?・・・。

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTSリーディングで言い換え対策は必要か?
  • 最頻出10の言い換え表現

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

 

IELTSリーディング

IELTSのリーディングでは、問題文と本文中での言い換えが非常に多いです。

言い換え表現をまとめていくことは対策をしていく上で有効です。今回はリーディングでよく出る言い換え表現をいくつかまとめてみたので参考にしてみてください。

また、まだ対策を全然始めていない方はまずこちらの概要の記事を読んでみてください。
【完全版】IELTSのリーディングの構成と対策

1.〜する傾向がある

最頻出の表現なので絶対におさえておきましょう。

tend to V(〜する傾向がある)
have a tendency to V(〜する傾向がある)
be inclined to V(〜する傾向がある)
have an inclination to V(〜する傾向がある)

be likely to V(〜する傾向がある)
be likely toは様々な意味で使われます。特に、be less likely to (〜しにくい)、be more likely to ~(しやすい)は非常によく使われます。

例 People who heavily smoke are 50 % more likely to get lung cancer than those who do not.
(タバコをすごく吸う人は、そうでない人よりも50%高く、肺がんになりやすい。)

be prone to 名詞(〜しやすい)
be prone to~は上の表現とは違って、後ろに名詞が来ることに注意しましょう。また、あまり望ましくないことに対して使われる傾向があります。
例 Children who eat snacks often are prone to obesity.
(お菓子をよく食べる子供は肥満になりやすい。)

2.〜を〜とみなす

〜を〜とみなすという表現は、普段よく使う単語を使って表現することが多く、この意味を知らないと誤訳してしまうことが多いので注意しましょう。

see A as B(AをBとみなす)
view A as B(AをBとみなす)
regard A as B(AをBとみなす)

find AB(AをBとみなす)
例 Many children find writing an essay boring.
(多くの子供たちは作文を書くことをつまらないと思う(みなす))

このようにfindには、A=Bだと思う(みなす)という使い方があります。

consider AB(AをBとみなす)

3.〜のようだ

seem to(〜のようだ)
例 People seem to follow the idea that has been widely accepted.

appear to(〜のようだ)

seemingly(〜のようだ)
seeminglyはseemの副詞で、「一見、おそらく」などを意味します。
例 Seemingly, he is not having fun.
(おそらく彼は楽しんでいないだろう。)

4.〜を引き起こす

cause「〜を引き起こす」
result in 「〜という結果になる」
lead to 「〜を導く」
give rise to「(好ましくないものを)引き起こす」

5.変化する

「〜が様々である」「変化する」という意味で頻出です。
vary(変化する)
例 The expectation for students varies depending on their grade.
(生徒に対しての期待は学年によって異なる。)

differ(変化する)
alter(変化する)

6.〜のせいで

because of
owing to
due to
thanks to
これらは前置詞扱いのため、後ろに名詞がきます。
例 Thanks to the vaccine developed by him, no one is worried about the infection anymore.
(彼によって開発されたワクチンのおかげで、誰もその感染症の心配をしていない。)

because
since
as
これらは接続詞扱いのため、後ろに文章がきます。
例 As this information is very personal, you should not share it.
(これはとても個人的な情報なので、口外しないでください。)

7.〜を利用する

make use of
「〜を利用する」

take advantage of
make use ofとは違い、ネガティブな意味で「〜につけ込む」という意味で使うこともできます。

例 The company took advantage of the employees who had no choice to obey.
(その会社は従うことしかできない従業員たちにつけこんだ。)

make the most of
「〜を最大限利用する」という意味でよく使われます。

8.可能性

possibility(可能性)
例 There is a possibility that extraterrestrials live other planes.
(他の惑星で宇宙人が住んでいる可能性がある。)

chance(可能性)
likelihood(可能性)

9.〜に関して

with regard to(〜に関して)
例 With regard to women aged 20 to 29, 〜
(20歳から20歳の女性に関して言うと、〜)
ライティングでも使える表現です。

as to(〜に関して)
regarding(〜に関して)
concerning(〜に関して)
when it comes to(〜に関して)
in terms of(〜に関して)

10.地域

area(地域)
field(地域)
area, fieldに関しては、研究分野という意味でも頻出です。

例 He is an authority in the field of medicine.
(彼は医学界で権威だ。)

region(地域)
district(地域)

まとめ

IELTSライティングで伸び悩む人の3つの特徴と対策をまとめました。

当校では、日本人バイリンガル講師があなたの担任となってレッスンを行います。

  • 1:1のプライベートレッスン
  • 担任制(講師は毎回固定)
  • レッスンは日本語でのやり取り
  • Skypeを使ったオンラインレッスン(自宅や職場からでもOK) 

是非一度、無料カウンセリングにてIELTSのお悩みをお聞かせください(無理な勧誘はいたしません)。

無料カウンセリングを受けてみる

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

交差点の女性
最新情報をチェックしよう!