「注目!」は英語で「heads-up」と言います。意味と使い方を解説!

カナダによくいるリス
「注目!」って英語でなんて言うの?

 

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

heads-upの意味

ズバリ、

「注目!」

という意味になります。

heads-upの使い方

日々、日本語を喋っていてもよくあるように、

周りの人たちに対して注意を喚起することはよくあると思います。

 

そんな時に使える英語の一言があったら便利だと思いませんか?

 

日本語だと

「アテンションプリーズ!」

と言っているCAを想像しがちだと思いますが、

 

英語では

 

Heads-up

 

という表現を使います。

 

例文を見ていきましょう

 

Hey guys! Just a quick heads-up, but we are looking for someone who’s interested in joining our team. Let us know if you are!
(すみませーん!今私たちのチームに加わりたい人を探しているので、ご興味があればお知らせください!)

Just to give you a quick heads-up, but there will be a construction taken place around this residential area from tomorrow. We apologize for the inconvenience.
(少しだけお知らせしたかったのですが、明日からこの住宅街で工事が始まります。ご迷惑をおかけいたします。)

 

見ていただければ分かる様に、heads-upはしばした「quick」という単語を併用して使われることが多いです。

「quick」を入れることによって、ニュアンスとしては

 

「まぁ、一応知っておいてほしいんだけど」

 

というニュアンスを含んだ意味になると覚えておいてください。

 

他にも、


We just wanted to remind you that the meeting will start at 10AM tomorrow.
(明日のミーティングが10時に始まるということをお伝えしたかったんです)
Thanks for the heads-up!
(知らせてくれてありがとう!)

 

なんて言えたりもします。

※アイキャッチ画像 © DDRockstar – stock.adobe.com

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!