「have a hard time ~ing」の意味は「悪戦苦闘」。使い方を解説!

カナダによくいるリス
「have a hard time ~ing」ってどういう意味?

 

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

have a hard timeの意味

ズバリ、

「悪戦苦闘」

という意味になります。

have a hard timeの使い方

具体的な例文を混ぜていきましょう。


You are finally here! What took you so long?
(ようやく着いたんだね!何でそんなに時間かかったの?)
I totally got lost on the way here, so I had a hard time finding your house.
(ここにくる途中完全に迷っちゃってさ、君の家を見つけるのに手こずったよ。)

 

英語の文章構成に「手こずる」という文章を言いたい時にも使えるフレーズですよね。

実際に頭の中に日本語が出てきているのに、それを英語にして話すのに「悪戦苦闘」しているんですから。


I usually have a hard time coming up with things I want to say in English.
(普段英語で言いたいことを考えるのに手こずっちゃうよ。)
That happens. It’s especially because you just started learning English. You’ll be fine!
(あるある。特に君の場合は英語を勉強し始めたばっかりだしね。なんとかなるよ!)

 

今回紹介した「have a hard time」ですが、この表現が使われる時はほぼ、その後に「~ing」を置いて文章を繋げていくことが多いです。

※アイキャッチ画像 © SFIO CRACHO – stock.adobe.com

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料特典
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

合計”253ページ”で丁寧に解説
全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)

無料特典の内容(全253ページ)

  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの全セクションの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReadingの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReading全パッセージの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • ライティングの5つのタイプの書き方(サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストサンプルアンサー(日本語訳付き)
IELTS公式問題集(過去問)には、解答がついているだけで解説は全くありません。この教材で学習効率アップ間違いなし!
あいこ
なんとなく独学で進めているけど、どう対策したらいいかわからない・・・。

こんな方はダウンロード必須の内容です!

友だち追加
あいりす
LINEの友だち追加でダウンロードできるよ!
最新情報をチェックしよう!