初心者必見 IELTS対策 【半年で5.0~5.5を目指す方法】

今回は、IELTS対策をしたいが英語初心者で何から始めたらいいかわからない、、

という人向けにIELTS5.0~5.5レベルをとるための方法をまとめてみました。

このプラン通りに進めていくことで、必要な教材は最小限におさえて効率よく初めていく半年ほどで英語初心者のレベルからIELTS5.0~5.5程度のレベルに到達できるようになるでしょう。

初心者の方が対策していく上でまず、大切なのは、いきなりIELTSの問題を解くことから始めないことです。

最低でも中学レベルの英語がわかっていないとIELTSの問題を解いていってもよくわからず苦痛ですぐに諦めてしまう可能性が高いです。焦らずにまずは基礎をしっかり固めていきましょう。

文法

IELTS初心者の方が対策をする上でまず重要になるのが文法です。

文法は、単語と同様に最も重要な要素の1つです。文法がわからなければ基本のルールがわからずにスポーツをするようなものなので軽視せずに必ずおさえましょう。

特に、IELTSでは1つの文章がとても長いです。この時に単語の意味だけわかっても文章の構造が取れなければ全体の意味を把握することはできません。
文法の学習を進めていく際に重要なことは、参考書の隅から隅まで100%理解する必要はなく、70~80%理解したらどんどん先に進んでいくことが重要です。

文法書ではかなり細かい知識に関して網羅してあることが多いです。これらを全て完璧にするのではなく、まずはざっくりと理解し、文章をたくさん読む中で都度文法書を参照していくといいでしょう。

教材はEvergreenまたは1億人の英文法をオススメします。

特に、おさえておくといい単元は、文型、分詞、関係代名詞、受動態この4つです。特に、分詞、関係代名詞は文章中に非常によくでてきます。しっかりとおさえましょう。


進め方

毎日1章ずつ単元を進めていきましょう。Evergreen全部で24章あるので、毎日1つの章を終わらせれば1週するのに1ヶ月あれば十分ですね。全てに共通していますが、全部を完璧に理解する必要はありません。半年で5~6周を目指して、7~8割の理解を目指しましょう。

  • 文法は真っ先に始めるべき
  • 文型、分詞、関係代名詞、受動態は重点的に理解する
  • 7~8割の理解でOK

単語

次に単語の対策ですが、IELTSでは専門性の高い非常に難しい単語が出題されます。ですがそのような単語はいったん無視をして、基本の単語を確実におさえることが大切です。

理由は、難単語をわからないと解けないような問題はそこまで多くはなく、高校レベルの単語が理解できていればほとんどの問題に対応が可能だからです。

DUO3.0ぐらいのレベルを目安にまずは単語をおさえていくといいでしょう。


進め方

こちらの教材では、例文は560収録されていて、全て覚えると単語を約2,600個覚えることができます。毎日20個の例文を目安に覚えていきましょう。基本的には声に出して覚えることをおすすめします。書いて覚える方法は定着はするかもしれませんがあまり効率は良くないのでいきなりやるのはおすすめしません。

ペース

約1ヶ月で1週することができるので、これを半年間繰り返して最低でも5~6週はしましょう。おそらくこれでも完全に覚えきれていない部分はあると思いますが、7~8割完成していればOKです。

  • 毎日必ず継続する
  • まずは読んで覚える
  • 7~8割の理解でOK

長文読解

長文読解ですが、まずは簡単で短いものから始めましょう。オススメの教材はこちらです。みるみる、ぐんぐん、もっともっとの3つのシリーズがあり、順番に難易度が高くなります。毎日1つ長文を読むようにしましょう。その中でわからない単語、文法事項は1つずつ確実におさえていきましょう。




進め方

具体的な進め方ですが、こららの教材では、英文の横に和訳がついています。1文1文を訳してみて、和訳と照らし合わせて確認していきましょう。もし、自分の訳と、和訳が違う場合はどこが間違っているのか確認しましょう。

ペース

できれば3冊全て1周できるといいでしょう。全て合わせると約200パッセージほどあります。1日1つのペースで約半年でほぼ終わりますね。

  • 毎日1題継続する
  • わからない箇所の文法、単語を必ずまとめる

音読

音読も毎日継続して習慣化しましょう。これは早めにやる人と後からやる人の間で大きく差が出てしまいます。ILETのスピーキングでは、流暢性、そして発音、この2つが得意な人はスコアが高く出る傾向があります。
例えば、語彙力、文法がよくできているが、発音、流暢性が弱い人よりも、ミスはあるが、流暢性が高く発音が綺麗な人の方が高いスコアをとりやすいです。

進め方

先ほどの長文の教材で勧めた、ぐんぐん、みるみる、もっともっとを使いましょう。毎日、解いた長文の問題は最低10回は音読しましょう。

ペース

先ほどと同様に、全て合わせると約200パッセージほどあります。1日1つのペースで約半年でほぼ終わりますね。

  • 早く始めれば差がつく
  • 毎日継続して習慣化する
  • 発音や、リンキングを意識する

最後に

これらを全てこなすとおそらく、2~3時間はかかるでしょう。毎日これぐらいの時間が確保できると理想ですが、現実的には難しい場合が多いと思います。その場合は焦らずに、毎日少しずつ積み上げていきましょう。

まとめ

『初心者必見 IELTS対策 【半年で5.0~5.5を目指す方法】』を解説しました。

当校では、日本人バイリンガル講師があなたの担任となってレッスンを行います。

  • 1:1のプライベートレッスン
  • 担任制(講師は毎回固定)
  • レッスンは日本語でのやり取り
  • Skypeを使ったオンラインレッスン(自宅や職場からでもOK) 

是非一度、無料カウンセリングにてIELTSのお悩みをお聞かせください(無理な勧誘はいたしません)。

無料カウンセリングを受けてみる

そのほかのIELTSの記事も是非ご覧ください。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

最新情報をチェックしよう!