IELTS ライティング【解答用紙の書き方解説】

 

IELTSのライティングの解答用紙ってどんなもの?

 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

  • IELTSライティングの解答用紙は?
  • 解答用紙の記入方法
  • もしword数が満たなかったら?
  • 解答用紙の記入を間違えた場合は?

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。
長年で培った知識をこのブログを通して執筆しています。

>>学校のページ<<

IELTSライティング解答用紙

IELTSライティングの解答用紙は、下記のリンクからダウンロードすることができます。

リンク先は、British Councilのページで、IELTSの評価基準、サンプル問題など、情報を入手できるので、ぜひチェックしておきましょう。

>ライティングTask1解答用紙<<
>>ライティングTask2k解答用紙<<

 

 

IELTSライティングでは タスク1で150単語以上 タスク2で250単語以上をかく必要があります。また、それぞれの時間配分は、タスク1で20分、タスク2で40分と割り当てられているます。

Word数の数え方と、時間配分の詳細に関してはこちらのリンクを参考にしてみてください。

関連記事

Task1とTask2の時間配分はどうしたらいいの? こんな疑問に答えます。 この記事の内容 20分と40分で良いのか? Task2のオススメの時間配分 Task1のオススメの時間配分 […]

解答用紙記入方法

あいりす
まず、はじめに、解答用紙は必ず事前に手書きでかくことに慣れておきましょう

本番の試験では、ライティングは1番はじめの科目になります。60分間鉛筆で書き続けるのは意外と疲れるものです。必ず事前に慣れておきましょう。

今は、コンピューターでの受験もできるので、コンピューターでのライティングはタイピングが慣れている人にとってはやり易いでしょう。下記のリンクにコンピューター形式に関してまとめているのでチェックしてみてください。

関連記事

IELTSはコンピューターとペーパーどっちがオススメですか!? こんな疑問に答えます。 この記事の内容 コンピューター受験のメリットとデメリット コンピューター受験の受験料、試験会場、試験日 […]

解答用紙ではおもて面が、15行、うしろ面が20行あります。1行あたり平均的な文字の大きさであれば、10単語ぐらいになるはずです。

自分の文字で、1行あたり何ワードになるのか把握し、行ごとにワード数をカウントしていくようにしていきましょう。

大まかにタスク2では解答用紙の後ろの3分の2ぐらいまで250単語を、タスク1では、解答用紙の3分の1ぐらいまでいくと、150単語を超えることが多いです。

ですが、本番では、いちいち数えてしまうと時間が勿体無いので必ず自分で実際の解答用紙に書いた時に、どこまで書けば150字、250字を超えるのかを事前に確認しておきましょう。

注意事項

  • 段落毎に1行空ける
  • 段落内で改行はしない
  • 左詰で書く

これらは厳密にこのように書かなければならないと決まっている訳ではないですが、読み易さを意識して注意するといいでしょう。

もしword数が指定の語数を満たなかったら?

こちらに関しては諸説ありますが、

  • 試験官は、word数が足りないと思った場合、word数を数えている
  • それを避ける為にも、タスク1では、160~180、タスク2では、260~280を書くようにしましょう。
  • 実際に試験中に数えるのではなく、何行書いたかでword数を把握しましょう。
  • Word数が満たなかったらペナルティーがある

ペナルティーに関しては、はっきりとは言及していませんが、Task Responseの採点が-1になるとも言われています。(正式に公表している訳ではないのでわかりませんが、、)

ペナルティーを避ける為にも必ず指定のword数を超えるようにしましょう。

解答用紙の記入を間違えた場合は?

万が一、タスク1と、タスク2の記入用紙を間違えてしまった場合は、すぐに気づいて直せる場合は直してもいいですが、かなり書いてしまった段階で気づいた場合には、そのままで大丈夫です。終了後にテスト試験官にその旨を伝えれば問題ありません。

また、一度書いた単語や、文章を修正する場合、それらは、いちいち消しゴムで消す必要はなく、棒線を引き、その上に記述すれば問題ありません。

何か追加したい時に挿入するのもOKです。

ただし、試験官が読めない場合や、わからない場合にはWordとしてカウントされない可能性があるのでバランスを取りながらやっていきましょう。

まとめ

あいりす
今回は、『IELTS ライティング【解答用紙の書き方解説】』に関してまとめました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IELTS無料特典
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

合計”253ページ”で丁寧に解説
全レベルに対応(初心者〜7.0を目指す人まで)

無料特典の内容(全253ページ)

  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のListeningの全セクションの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReadingの一問ごとの解説リスト
  • 過去問(IELTS 14・15・16)のReading全パッセージの重要単語リスト(言い換え、関連ワードつき)
  • ライティングの5つのタイプの書き方(サンプル付き)
  • スピーキング過去問リストサンプルアンサー(日本語訳付き)
IELTS公式問題集(過去問)には、解答がついているだけで解説は全くありません。この教材で学習効率アップ間違いなし!
あいこ
なんとなく独学で進めているけど、どう対策したらいいかわからない・・・。

こんな方はダウンロード必須の内容です!

友だち追加
あいりす
LINEの友だち追加でダウンロードできるよ!
最新情報をチェックしよう!