イギリス国旗

IELTS 【イギリス英語対策は必要?】

IELTSでイギリス英語対策は必要?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • IELTSにイギリス英語対策は必要か?
  • IELTSによく出るイギリス英語

当校について
2009年にカナダ初の日本人講師陣によるIELTS専門校として創設され、11年間に渡って1,000人以上の日本人を指導。

 

IELTSはイギリス英語?

IELTSはイギリス、オーストラリアの団体によって主催されているため、基本的にはイギリス英語がメインになります。日本では基本的にアメリカ英語を学校で学んでいるので、やや馴染みのない表現などがあるので慣れておくといいでしょう。

ただし、アメリカ英語でも、イギリス英語でも英語力が底上げされていけば、スコアは自然と上がるので、そこまでイギリス英語のみ触れなければならないと構えすぎなくてもいいでしょう。

イギリス英語対策(単語)

具体的な対応策ですが、まずは以下の表にまとめたIELTSでよく出る単語をアメリカ英語と比較して覚えておきましょう。

意味 アメリカ英語 イギリス英語
(長期の)休暇 vacation holiday
ズボン pants trousers
スニーカー trainer sneaker
ロビー lobby foyer
アパート apartment flat
ゴミ trash/garbage rubbish
社員食堂 cafeteria canteen
地下鉄 subway underground
駐車場 parking lot car park

特に最初の holiday(休暇)に関しては非常によく出題されます。ライティングやスピーキングのトピックに出てくる場合もあるので、意味を勘違いしていると見当違いの答えをだしかねないので注意しましょう。

表に出てきている単語は全てIELTSでも登場しています。意味さえわかっていれば大丈夫なのでおさえておくといいでしょう。

イギリス英語対策(スペル)

次にスペルの違いですが、主なものを表にまとめて見たので確認してみてください。スペルに関しては、アメリカ英語で答えたからバツになってしまうということはありませんが、ライティングで実際に書く際はどちらかに統一して書いた方がいいでしょう。

意味 アメリカ英語 イギリス英語
好む favor favour
組織 organization organisation
中心 center centre
免許 license license
旅行(~ingの時) traveling travelling

イギリス英語対策(発音)

最後は発音です。これも今までと同様に、スピーキングでイギリス英語を話さないと減点になってしまう。ということは全くないので、無理にイギリス英語を話す必要はありません。

ただし、リスニングではイギリス英語のアクセントで音声が流れることが多いのである程度違いに慣れておくといいでしょう。
詳しくは下のリンクで詳細を見ることができるのできになる方はチェックしてみてください。

まとめ

以上、IELTSでイギリス英語対策は必要?を解説しました。

当校では、日本人バイリンガル講師があなたの担任となってレッスンを行います。

  • 1:1のプライベートレッスン
  • 担任制(講師は毎回固定)
  • レッスンは日本語でのやり取り
  • Skypeを使ったオンラインレッスン(自宅や職場からでもOK) 

是非一度、無料カウンセリングにてIELTSのお悩みをお聞かせください(無理な勧誘はいたしません)。

無料カウンセリングを受けてみる

そのほかのIELTSの記事も是非ご覧ください。

あなたも狙えるスコア達成

IELTSで必要なのは正しい勉強法とモチベーション。これに共感していただけるのであれば、当校でのレッスンを選んだことを後悔させません。DEVELOPでは日本人講師によるマンツーマンレッスンを提供。ぜひ一度、無料カウンセリングにてお悩みをお聞かせください。

無料カウンセリング

イギリス国旗
最新情報をチェックしよう!