【前編】IELTSスピーキングの疑問まとめ

Pocket

 

IELTSのスピーキングを学習する上で、答え方や英語力はもちろんですが、レッスンを通して結構聞かれることのある質問をまとめてみました。

IELTSを受ける上で知っておいた方が良い情報ばかりなので、IELTSを未受験の方、学習中の方も必見です。

是非、後編もご覧ください。
【後編】IELTSスピーキングの疑問まとめ

 

Part1ではどれぐらい喋った方がいいですか?

3文がオススメです。

例えば、

Do you like music?

このような質問はPart1でよく聞かれる定番の問題ですが、これに対して

Yes.

だけではなく、

Yes, because I can motivate myself by listening to music. I often listen to a rock music while commuting to school/work.

などと答えられれば完璧です。
Part1では、この流れを意識しましょう。

ちなみにPart1の自分の答えに対して突っ込まれることはほとんどありません。
もし仮に突っ込まれるとしたら、それは自分の答えが曖昧な時でしょう。

例えば、先ほどの問題だと

Do you like music?

Yes, I like music.

と返答した場合には、Why?と聞かれる可能性もあります。

しっかりとその後にプラスアルファの情報をつけるようにしてください。
大体の場合は「理由」を述べると繋がりやすいですね。

IELTSの試験官にはスクリプトと呼ばれるマニュアルのようなものが渡されており、試験官はそこに書いてある質問内容しかしてはいけないと決まっているので、これ以上突っ込まれることはありません。

 

Part2ではどれぐらい喋った方がいいですか?

2分間喋り続けてください。

Cambridgeが出版している過去問には「You will have to talk about the topic for one to two minutes.」と指示されています。

one to two minutesと書いてあるので、1分喋れば大丈夫なんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、基本的に2分間喋り続けた方がスコアは高くなりやすいと思ってください。

これもスピーキングの評価基準(Band Descriptors)を参考にすることになります。
以下の表を見てください。

IELTSスピーキングの評価基準(Band Descriptors)

例として、バンドスコア9の4つ目のポイントを見てみると、「develops topic fully and appropriately」と書かれています。

これはトピックに関して完全に、そして適切に話を広げることが必要という意味になり、これをするためには大体2分が必要だとIELTS側も判断しているからこその、この時間設定になっているのだと思います。

2分を過ぎた段階で試験官からのストップが入りますが、ストップが入ったからといって減点対象にはなりませんのでご安心ください。

 

Part2では与えられている質問に答えなくてはいけませんか?

答えなくても大丈夫です。

これに関してもスピーキングの評価基準に理由があります。

IELTSスピーキングの評価基準(Band Descriptors)

IELTSのスピーキングの評価基準は4つ。

・流暢さ
・語彙力
・文法
・発音

です。

ライティングなどで採用されている評価基準の「Task Response / Task Achievement」がスピーキングにはないんですね。

Part2で与えられるパッセージの下には3~4つの質問が書かれてますが、この質問を無視して話を展開したからといって減点の対象になることはありません。

あくまでもIELTS側から提示されているガイドだと思ってくれれば大丈夫です。

ただ、書かれているガイドに沿っていった方が普通は話は展開しやすいとは思います(笑)。

以下の記事もぜひ読んでみてください。

IELTSスピーキングPart2の攻略(答え方編)

 

Part3ではどれぐらい突っ込まれますか?

返答が不十分であればPart1よりかは突っ込まれます。

例えば

Are expensive clothes always better quality clothes?

Generally speaking, it is true that expensive clothes are often perceived as better quality clothes, but it is not always the case.

と答えた場合、「What do you mean by “it is not always the case”?」といった内容が返ってくる可能性が高いです。

それに対して答えるとすれば

I mean that there are always exceptions. Some clothes may have holes, are prone to be torn off, or simply difficult to sustain the quality because of the fabric that is used.

のように、しっかりと説得力のある説明をするようにしましょう。

他にも

Does that mean…?

Can you explain…?

などの突っ込みがあります。

後半へ続く・・・
【後編】IELTSスピーキングの疑問まとめ

当校では無料でSkypeカウンセリングを行なっております。まずはこちらの無料カウンセリングからお話をお聞かせください。

当ブログでは、解説してほしいことは、特に英語にまつわることならなんでも、ご質問を受け付けておりますので、是非コメント欄にてお知らせください。

また、この記事が役に立つと思ったら記事下部にあるボタンにてFacebookやTwitterでのシェアお願いいたします!

Have a good one!